株式会社八十二銀行
ハチジュウニギンコウ
2024
  • 株式公開
業種
地方銀行
コンサルタント・専門コンサルタント
本社
長野
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

普通銀行業(預金業務・貸出業務・為替業務等)

<営業店業務>
法人営業
個人営業 など
<本部業務>
コンサルティング
営業企画
国際推進
融資審査
企業支援
調査業務
トレーディング など

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

「進取の精神」 ~先進的な取り組みにチャレンジする風土~

信州の未来のために何ができるのか?常に考え続ける八十二銀行には、既存の枠組にとらわれない、先進的な取組に挑戦する風土があります。例えば、地元企業の海外進出をサポートするべく拡充してきたアジア拠点数は、現在地銀随一。他行とも共同し、現地での商談会やセミナーを開催するなど、企業のビジネスチャンス拡大へ向けた取組をしています。他にも、他行に先駆けたシステム開発や環境保全運動など、多方面で地方銀行のトップランナーとして走り続けています。■ISO14001認証⇒地方銀行初取得(平成11年3月)■環境会計⇒銀行界で初導入(平成17年7月)■「環境大臣賞」⇒銀行界で初受賞(平成17年12月)

企業理念

「19+63=82」 で生まれた経営理念

八十二銀行は、昭和6年に「第十九銀行」と「六十三銀行」が合併してできた銀行です。当時の県下2大銀行であった両行は明治期に設立された国立銀行であり、信州の製糸産業を支え、信州が「製糸王国」となる原動力となっていました。しかし製糸業の衰退、昭和初期の恐慌の中、信州経済は危機を迎えます。「信州の未来のために」。その同じ使命を担った両行はついに合併を決意。昭和6年8月1日、「八十二銀行」として新たな一歩を踏み出しました。「健全経営を堅持し、もって地域社会の発展に寄与する」という当行の経営理念には「我々が地域社会を支え続ける」という強い思いが込められています。

会社データ

事業内容 普通銀行業(預金業務・貸出業務・為替業務等)
【WEB開催】 会社説明会を掲載しています。
リクナビの「説明会・面接」タブ内で「動画説明会」アイコンがある説明会をご確認ください。
設立 昭和6(1931)年8月1日
資本金 522億円(2021年3月31日現在)
代表者 取締役頭取 松下正樹
従業員数 3,159名 (2021年3月31日現在)
拠点 国内151店舗(長野県内131、東京都、新潟県、埼玉県、群馬県、愛知県・岐阜県・大阪府)
海外 支店1(香港) 駐在員事務所3(上海、バンコク、シンガポール)
(2021年3月31日現在)
預金残高 7兆6,707億円(2021年3月31日現在)
貸出金残高 5兆5,875億円(2021年3月31日現在)
財務指標(連結ベース) 総自己資本比率(国際統一基準) 連結20.71%(2021年3月31日現在)
グループ会社・関連機関 八十二スタッフサービス、八十二証券、やまびこ債権回収、八十二リース、八十二オートリース、八十二カード、八十二信用保証、八十二システム開発、八十二キャピタル、長野経済研究所、八十二文化財団等
沿革 1877年/前身銀行 第十九国立銀行設立
1878年/前身銀行 第六十三国立銀行設立
1931年/第十九銀行と六十三銀行が合併、八十二銀行設立
1972年/東証第1部上場
2009年/「八十二の森」活動開始
2014年/新研修所を竣工
2017年/内閣府から地方創生貢献で表彰(民間金融機関初)
2020年/CDP2020(気候変動)「A-」評価(5年連続国内銀行業界第1位)
中期経営ビジョン 「金融×非金融×リレーション」でお客さまと地域を支援する
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)