株式会社テレビ宮崎テレビミヤザキ
業種 放送
本社 宮崎

先輩社員にインタビュー

編成業務部
K.Yさん(26歳)
【出身】北九州市立大学  地域創生学群 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 番組編成・パブリシティ番組の管理・動画配信
テレビ局の心臓部といわれる編成業務部に所属しています。UMKは全国で唯一の3局クロスネットといわれ、フジテレビ・日本テレビ・テレビ朝日で編成されています。その3局でどの時間にどの番組を放送するのかを決める仕事をしています。曜日、時間帯によってテレビを見る年代もかわってくるので、その層にあった番組編成を考えています。また地上波ではローカル編成の時間が限られているため、動画配信を通して県民にとって必要な情報を届けています。災害情報、コロナ情報、選挙など様々なコンテンツを配信することで、県民へのライフラインとしての役割を担っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
開局50周年ドラマ「ひまわりっ」が東京ドラマアウォード2020で受賞!
UMKでは開局50周年ということもあり、UMK初となる連続ドラマ「ひまわりっ~宮崎レジェンド~」を制作しました。入社1年目ではありましたが、ドラマ制作の広報として携わらせていただき、各事務所、プレスとのやり取りなど普段の仕事では関わることができない方とのやり取りも経験できました。通常の業務に合わせてドラマの広報と大変な時期もありましたが、「ひまわりっ」がローカルドラマ賞に選ばれたと聞いた時には泣いて喜びました。会社全体、宮崎県全体で作り上げたドラマだったからこそ、尚更うれしく思いました。宮崎県民と密にかかわることができるのはローカル局(UMK)の強みだと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 宮崎県の良さを県内外に発信するべく、ローカル局に
私は高校生の時にテレビの取材を受け、漠然とテレビ局に入りたいという夢を持っていました。その後、就職活動を考えるタイミングで生まれ育った宮崎に貢献したい、宮崎の良さを県内外に発信したいという思いからUMKを志望しました。大学のゼミ活動では、主に地域活動を行っていましたが、テレビの取材を受ける機会があるとその反響はとても大きいものでした。テレビは厳しい時代などと言われていますが、県民に与える影響はいまだに大きいコンテンツでもありますし、ローカル局だから発信できることもあると思います。この影響力の強さから、宮崎県民にとってのニーズに応えられるテレビ局に入りたいと思いからUMKに決めました。
 
これまでのキャリア 2019年4月 入社
2019年7月 編成業務部配属

この仕事のポイント

仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就活はなかなか決まらず思い詰めてしまう人が多くいると思いますが、考え込みすぎると周りが見えなくなってしまい悪循環になります。就活は楽しむことが一番です!たくさんの企業の方、同じ志を持っている人たちと関われるのは就活の特権です。「たくさんのことを吸収するぞ」という意識でドシっと構えましょう。必ずいい企業に出会えると思います!

株式会社テレビ宮崎の先輩社員

アイデアを形にする仕事

制作部
H.Wさん
宮崎公立大学 人文学部 国際文化学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる