社会福祉法人 希望の家キボウノイエ 

社会福祉法人 希望の家

 【身体障害者支援・発達障害者支援】
業種 福祉・介護
医療関連・医療機関/教育関連/芸能・芸術/その他サービス
本社 兵庫

先輩社員にインタビュー

希望の家グリーンホーム
清 こころ(23歳)
【出身】同志社大学  社会学部 社会福祉学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 日々の関わりを大切に利用者の方と向き合う
現在、相談兼生活支援員として生活面での介助に加えて、相談支援を行っています。担当利用者の方が生きがいをもって自分の力を発揮しながら生活することができるよう利用者の方と向き合い、思いに寄り添う支援を心掛けています。まだまだ経験も浅く、利用者の方の思いを汲み取ることが難しいこともありますが、先輩方からご指導いただき一人一人に合った支援方法を試行錯誤しながら学んでいます。利用者の方の思いに応えることができたときはとても嬉しいです。これからも利用者の方の真意に気付くことができるよう日々の関わりを大切に向き合っていきたいです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
コミュニケーションの大切さを実感しています。
初めは利用者の皆様とコミュニケーションを取ることに難しさを感じていました。しかし、毎日挨拶を交わし、介助の際にもたくさん話しかけようという意識をもって日々関わっていると利用者の方から名前を呼んで頂くことや話かけて下さることが増えました。また、今でも非言語でのコミュニケーションが必要な方の思いを理解することが難しいと感じる場面はたくさんありますが、それぞれの表現方法を用いて思いが通じ合ったときや笑顔が見られた際はとても嬉しいです。これからも利用者の方を知りたいという思いを持ち、様々な面を知って理解を深めていくことができるようたくさんコミュニケーションを取り、信頼関係を築いていきたいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 障がいのある方への幅広い支援を経験することができる法人
大学生の頃に児童発達支援センターでの実習や特別支援学級でのボランティアを経験したことで発達障がい児・者の支援に興味を持ち、福祉の中でも障がい分野で働きたいという思いがありました。障がいのある方への支援を行っている法人を探す中で、希望の家は様々な事業を行っていて幅広く障がいに関する支援を学ぶ環境があることを知りました。入所や通所、また相談支援等の様々な職場で沢山の知識を身につけ、成長できる可能性があることに魅力を感じ、入社を決めました。また、利用者の皆様、職員の方々が明るく活気のある職場だと感じています。
 
これまでのキャリア 相談兼生活支援員として一年目になります。利用者の皆様との関わりの中で難しいこともたくさんありますが、先輩職員からの助言や研修での学びを活かしながら日々経験を積ませて頂いています。

この仕事のポイント

職種系統 介護福祉士
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 毎日違うお客様とお会いしていく仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分が興味のある分野や仕事にしたい事を見つけ、働くうえで大事にしたいことを明確にすることで自分に合う法人に出会うことができると思います。

社会福祉法人 希望の家の先輩社員

利用者の方々が快適に、生き生きと日々を過ごせるよう支援を行っています。

希望の家サンホーム
森澤 真希
関西福祉大学 社会学部 社会福祉学科

しっかりと利用者の方に向き合った良い支援を

希望の家グリーンホーム
伊藤 彩
京都女子大学 家政学部生活福祉学科

日々の支援で築けた信頼関係

希望の家ワークセンター
永井 佑花
神戸女子大学 健康福祉学部社会福祉学科

一人ひとりとの関わりを大切に

荒木 佳恋
兵庫大学 生涯福祉学部 社会福祉学科

相談兼生活支援員として、利用者の方の生活をサポートしています

希望の家グリーンホーム
井関 健太
佛教大学 社会福祉学部社会福祉学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる