社会福祉法人 希望の家キボウノイエ 

社会福祉法人 希望の家

 【身体障害者支援・発達障害者支援】
業種 福祉・介護
医療関連・医療機関/教育関連/芸能・芸術/その他サービス
本社 兵庫

先輩社員にインタビュー

希望の家ワークセンター
永井 佑花
【出身】神戸女子大学  健康福祉学部社会福祉学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 日々の支援で築けた信頼関係
私は現在、相談兼生活支援員として生活介護を行っています。主には食事や排せつ、入浴などの介助を必要とする方の介助や、日中活動として手芸やパズル、塗り絵など利用者の方々のお好きな活動の提供を行っています。
仕事に取り組む中で私が大切にしていることは、利用者の方々とコミュニケーションをたくさん取ることです。利用者の方々とコミュニケーションを図ることを通して信頼関係の構築に努めています。そうしたことで利用者の方々から気軽に声をかけていただくことや、「相談がある」と言っていただくことが増えました。
まだまだ経験もなく支援に悩むこともありますが、私なりの支援を考えながら先輩方にもご指導いただき利用者一人ひとりに合った支援に取り組んでいきたいと思っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
名前を覚えてもらった時はとても嬉しかったです!
日々の利用者の皆様との関わりの中で、ちょっとした表情の変化、特に私と顔を合わせた時に挨拶や声をかけていただいたり、笑顔になっていただいた時には嬉しく思います。特に、出勤した時に「来るの待ってたよ」と笑顔で言っていただいたことがあり、それはとても印象に残り嬉しかったです。利用者の方の中にはなかなか記憶するのが難しい方もいらっしゃるのですが、毎日「名前なんやった?」と聞いてこられていた利用者の方に、ある日名前で呼んでいただけたときはとても嬉しかったです。また、「ありがとう」「助かったわ」などの言葉を聞けたときは、利用者の皆様が必要としていることを汲み取りお役に立てたと実感でき、嬉しく思うのと同時にもっと利用者の方々をみて、何を必要としているかを汲み取り関わっていきたいと思いました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 障害がある方への支援を幅広く学べる法人
大学で社会福祉を学んでおり、福祉に関わる仕事をしたいと考えていました。在学中に高齢者施設や児童福祉施設での実習、アルバイトでのヘルパーを経験し、その中で障がいについて関心を持ちました。障がいのある方々と関わる中でたくさんの笑顔を見ることができ、生活を支え笑顔を引き出す支援をしていきたいと思うようになりました。
施設見学をした際、利用者の方々や職員がとても明るく笑顔で過ごしていたのが印象的で、ここで私が目指す支援をしていきたいと感じました。
また希望の家では、障がいのある子どもから大人までの支援を行っており、障がいのある方々への支援を幅広く学ぶことができると感じました。日々、先輩や利用者の方々から多くのことを学びながら働き成長できる環境だと感じ、ここで働きたいと思い入社しました。
 
これまでのキャリア 入職して2022年度で2年が経ちます。昨年度からは採用にも携わり、学生のみなさまに私のお仕事の説明をしたりしています。法人の採用に携わることで、支援以外の仕事も幅広く知ることができました。

この仕事のポイント

職種系統 介護福祉士
仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

興味がある分野との接点をどんどん持つと、自分自身が興味があることしたい仕事が見つかるので学生の間にたくさんチャレンジしてください!

社会福祉法人 希望の家の先輩社員

日々の関わりを大切に利用者の方と向き合う

希望の家グリーンホーム
清 こころ
同志社大学 社会学部 社会福祉学科

利用者の方々が快適に、生き生きと日々を過ごせるよう支援を行っています。

希望の家サンホーム
森澤 真希
関西福祉大学 社会学部 社会福祉学科

しっかりと利用者の方に向き合った良い支援を

希望の家グリーンホーム
伊藤 彩
京都女子大学 家政学部生活福祉学科

一人ひとりとの関わりを大切に

荒木 佳恋
兵庫大学 生涯福祉学部 社会福祉学科

相談兼生活支援員として、利用者の方の生活をサポートしています

希望の家グリーンホーム
井関 健太
佛教大学 社会福祉学部社会福祉学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる