株式会社小財スチール
コザイスチール
2024
業種
金属製品
本社
福岡

私たちはこんな事業をしています

私たちは、創業130年を超える九州最大級の金網メーカーです。護岸工事や崖崩れ防止工事などに使われる土木用金網や、住宅基礎内部でコンクリートを補強する建設用金網などを製造しています。また金網のほか、フェンス、溶接金網、スパイラルフープ筋、じゃかご、カゴ枠なども展開。取引先は九州一円、さらには西日本一帯へ広がっており、高強度・高機能な線材加工製品のリーディングカンパニーとして、さらなる成長を目指します。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

金網一筋130年以上! 九州最大級の金網製造メーカーです

河川や崖(がけ)などで、石を金網で包んだ建築資材を見たことがありますか? 近年、自然環境の汚染が問題になるなか、コンクリートによる工事から、自然環境と調和のとれた工法が求められています。当社の「かごマット」は「鉄線かご」を用いた石詰構造体で、大雨や洪水などで河川が氾濫した場合に被災部分を修復。現在は災害時だけでなく、改修や維持工事、さらに道路工事、農林土木、治山工事、砂防工事などに幅広く利用されています。この「石詰かご工」は昔からある工法ですが、耐久性に優れ、また付近の自然や生物にも優しく、景観にも優れていることから、今後はさらなる需要の拡大が予想されます。それをつくっているのが当社です。

事業・商品の特徴

建築資材としても無限の可能性を秘めている“溶接金網”

上記の「かごマット」のほか、当社は学校などさまざまな場所に設置されている金網をつくっています。土地を区切るための用途だけでなく、最近では土木建築現場の省力材として、壁などに使用される例も増えています。また当社は住宅用基礎鉄筋をプレハブ化した「鉄筋メッシュ」でも多くの実績があります。これは盛土用型枠としての使用法も。建物の基礎材としての利用はもちろん、共同住宅などRC建築構造物の高層化、高強度化にも有効です。これらの金網は工場で画一的に製造されるため、工事現場での配筋作業の手間が減り、少人数ですばやく行うことができる、という利点もあります。このように、金網の可能性は無限に広がっています。

施設・職場環境

残業少なめ! 性別を問わず活躍できます

博多の本社のほか、工場を4カ所、支店・営業所・出張所を5カ所展開しています。社員数は88名で男女比は76:24と、女性も活躍しています。働き方を効率化しているため、月によって差がありますが、月平均残業時間は20時間ほど。1日平均だと1時間にも満たないため、プライベートを充実させることができます。育児休暇の取得実績もあり、安心して子育てができる環境です。入社後の教育は、主にOJTによる実戦形式です。先輩がマンツーマンでサポートしますので、現時点で専門知識は不要です。先輩も未経験で入ってきた人ばかりなので、教えるのは得意です。皆さんも積極的に質問したり、自分でも勉強したりして成長していってくれることを望みます。

会社データ

事業内容 鉄筋溶接金網、溶接金網、ひし形金網、各種フェンス、じゃかご、かごマット、アンカーなどの製造販売
設立 1928年4月
資本金 1195万円
従業員数 88名(男子名 女子29名)(2021年12月時点)
売上高 425,563万円(2021年5月時点)
代表者 代表取締役 小齊 至
事業所 ■本社/福岡市博多区博多駅南6丁目2番20号

■南九州支店/鹿児島市泉町11番14号 第3丸福ビル3F
■宮崎営業所/宮崎県えびの市大字末永字陣ノ迫
■長崎営業所/長崎県佐世保市早苗町568-1
■北九州出張所/福岡県北九州市小倉北区吉野町5-30-1203
■福岡第2工場/福岡県久留米市北野町中字下厨子田1400
■大刀洗工場/福岡県三井郡大刀洗町大字甲条924-1
■南九州工場/宮崎県えびの市大字末永字陣ノ迫
沿革 明治19年 久留米市通町において初代小斉捨次郎の個人商店として創業。
大正13年 久留米市東町と御井町に2工場建設、農業用鉱業用、土木建築用金網の製造開始。
昭和3年 合名会社小財金網製作所を設立、久留米市諏訪野町へ工場移転。
昭和25年 福岡営業所開設。
昭和36年 溶接金網の自動溶接機を開発、同製品の製造販売開始。
昭和38年 本社を久留米市より福岡市に移転。
昭和44年 菱形金網自動編成機を開発、同製品製造販売開始。
昭和45年 日本工業規格表示許可工場となる。
昭和46年 伸線機を導入、鉄線の製造販売開始。
昭和48年 鉄筋溶接機を開発、バーメッシュの製造販売開始。
昭和49年 スパイラルフープ製造機を開発、同製品の製造販売開始。
昭和50年 久留米工場より、福岡県三井郡北野町に工場の全面移転。
昭和55年 蛇篭製造機を開発、同製品の製造販売開始。
昭和58年 宮崎営業所開設。福岡県三井郡北野町工場を福岡工場に名称変更。
昭和59年 南九州工場を宮崎県えびの市に建設。鹿児島営業所開設。
昭和60年 ガードパイプ製造販売開始。
昭和61年 パイプフェンス製造販売開始。
平成2年 福岡第2工場を建設。
平成3年 GE-(防獣)フェンスの製造販売開始。
平成4年 MK台座の製造販売開始。
平成4年 本社を福岡市中央区薬院に移転。
平成5年 フラッシュ(閉鎖型)フープの製造販売開始。
平成9年 組織および社名を株式会社小財スチールに変更。
平成16年 KSかご枠の製造販売開始。
平成21年 大刀洗工場新設。
平成30年 本社を福岡市博多区博多駅南に移転。
ホームページ http://www.kozaisteel.com/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)