八州建機株式会社ハッシュウケンキ

八州建機株式会社

建設/基礎部門・鉄筋加工部門
業種 建設コンサルタント
建築設計
本社 千葉

先輩社員にインタビュー

K・I(18歳)
【出身】江戸川大学  メディアコミュニケーション学部 情報文化学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 入社2年目から、「工事を仕切る」仕事をしています!
今の現場は元々あった建物を取り崩して、新しくマンションを建てるプロジェクトです。

私が担当するのは、更地になった状態から。
社内でどういう風に杭を打っていくのかを図面に起こし、配置や工事の流れをイメージします。
そこから工事の期間を出して、予定を立ててから現場事務所に乗り込み、実際に工事を見ていきます。

土質や既存の躯体の有無で工法は変わってきます。
東京では壊して更地にしてから杭を打つというのが基本ですが、地方だと、元々何もなかったところに杭を打つこともあるので、機械の選定なども考えてやっていきます。

私は今入社4年目で、この現場には当社からは1人で来ています。八州建機の特徴として、一人立ちが早く、任せられると思った人にはどんどん責任のある役目を任せていく方だと思いますね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
社長や仲間が話しかけてくれるとき、役に立てたと実感します
1つの現場を無事に完了させて、会社に戻ってくる時が嬉しいですね。

戻った時に「稲葉君が帰ってきた!」「お疲れさま~」と声をかけられると、離れていても、仲間の絆や優しさを感じます。

帰社して出社した日の朝礼で、社長はねぎらいの言葉をかけてくれます。
一言「お疲れさん」ということが多いですが、その一言が結構嬉しくて。
そういう時に「ああよかった。次も頑張ろう」と思います。

褒められるのが嬉しいというか、会社や社長の役に立てたと思えるのが、嬉しいですね。

社長は大きく構えているというか、多少のことでもびくともしないというか、「この人凄そうだな」という印象です。
社長がいるならこの会社は安泰だなと思うし、とても安心感があります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 安定して、職人のレベルが高く、しっかりした会社だったから
八州建機と出会う前は、就職活動につまずいて、心が折れていた時期がありました。

そんな時に、知人から紹介された、当社に見学に行きました。

社長から、事業内容や目指す姿について話を聞いて、直感的にすごくいいなと思いました。
内定を貰った時は、悩まずここに決めました。

入社後も、結構しっかりしている会社だなと感じる事は沢山あったので、あの時の自分の直感は間違っていないと思います。
でも、思った以上に仕事は奥が深かったですね。なんとなく単純な作業だけだと思っていたのですが、考えることも多くて、難しい仕事です。それが楽しいんですけどね。

会社の安定性は感じます。職人一人ひとりのレベルが高く、当社しか持っていない機材や技術もあり、色々な工法も提案できます。見積り依頼も多いんです!
 
これまでのキャリア 入社後、先輩について現場を学ぶ
2年目から一人立ち。ビル・発電所などの大規模な現場を担当しています。

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 地図や歴史に自分が関わったものを残せる仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 人前で話すことが得意な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私が就職活動の時に考えたのは、定年まで会社が存続できるかということです。

建設業界は、将来性もあり、需要も高い業界です。
今建っている建物は、もって100年と言われていますので、新築・増築・改修・立て直しなど、私たちの活躍の機会はなくなりません。

あとは、会話が好きな人、自分で道筋を立てて、自分が主体的に動いて、自分がブレインになって仕事がしたいって人この職種に向いているし、楽しいと感じられると思います。

八州建機株式会社の先輩社員

場所打ち杭工事の現場で、重機のオペレーターと協力して作業しています。

N・U

大型ドリルなどの重機を操作し、杭を打つための下地を整えています。

T・Y

女性が活躍できるフィールドが、八州建機にはあります(^_-)-☆

工事部
M・O
千葉商科大学 政策情報学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる