株式会社市川製茶
イチカワセイチャ
2024
業種
食品
商社(食料品)/その他専門店・小売
本社
静岡

私たちはこんな事業をしています

私たちは、おいしいお茶やお茶関連商品を製造販売している、お茶処・静岡県の会社です。大正8年(1919年)から「ぐり茶」の製造を始め、現在は各種銘茶の製造・卸・販売を行っています。店舗は伊東市内に4店舗あり、地元の皆様はもちろん観光客の皆様、インターネットなどの通信販売にて、産地直送の商品を日本全国に提供。100年を超える伝統を受け継ぎつつ、革新的な技術とアイデアを積極的に取り入れています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

自然の恵みに感謝し、良質な茶葉を追求するプロ集団

お茶は静岡県の名産であるとともに、日本の伝統文化です。私たちは静岡県東部地区で大正時代から「ぐり茶」の製造を始め、「市川のぐり茶」は国内外のお客さまから幅広く親しまれるブランドへと成長しました。私たちは火入れの技法や利き茶の方法などの伝統を守りつつ、本来の日本の生活習慣をリスペクトし、また、自然との調和や環境問題へも積極的に貢献。次世代に安全でおいしい茶葉の味を伝え続けていきたいと考えています。これからも味・香り・コクなどにこだわり続け、時代のニーズに合ったお茶づくりを通して、「お茶の専門家」としての責任を果たしていきます。

事業・商品の特徴

「ぐり茶」をはじめ、さまざまなお茶を製造・販売しています

「ぐり茶」は、正式には「玉緑茶」と言います。明治時代の末期に九州で生まれ、今では静岡県・伊豆の名産品として定着しています。お茶と言えば煎茶をイメージされるかもしれませんが、「ぐり茶」は茶葉の形を整える工程を省略し、匂玉(まがたま)のような形に揉み上げるのが特徴。「グリグリした見た目」なので「ぐり茶」と呼ばれます。当社の「ぐり茶」は深蒸することで葉が細かくなり、独特の強い香気が持ち味です。そのほか、優雅な味わいの「やぶきた茶」、くき茶、荒茶、芽茶、粉茶、番茶、玄米茶など、さまざまなお茶を店舗やインターネットで販売しています。

仕事内容

お茶の店頭販売を中心に、幅広い業務にチャレンジ可能!

店舗は伊東市内に4店舗あり、入社後は基本的に販売職を経験していただきます。その後は希望や適性に応じて、販売職として店頭に立ち続けることも、総合職として製造や事務などを経験することも可能です。製造現場では、荒茶の選別や火入れ、合組(ブレンド)など、100年以上にわたり磨き上げてきたノウハウを習得可能。新商品開発やインターネットによる販路拡大など、未来の市川製茶をつくっていく仕事にもチャレンジできます。また、お客さまの口に入る商品を扱っている以上、健康診断100%実施など、社員の健康管理には何よりも気を配っています。

会社データ

事業内容 お茶の製造、卸小売業
設立 1933年(大正8年)
資本金 300万円
従業員数 30名(2022年8月時点)
売上高 5億円(2022年8月時点)
代表者 代表取締役 市川 正樹
事業所 【本社】
静岡県伊東市湯田町2-12

【店舗】
本店、吉田店、湯の花通り店、伊豆高原店
沿革 大正8年 創業
ホームページ https://www.guricha.jp/hptop.html
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)