鉄名建設株式会社
テツナケンセツ
2024
業種
建設
建築設計
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

創業以来、トンネルと高架橋工事を中心に手掛けてまいりました。日本の地形は山岳部が多く、道路、鉄道による交通を円滑に図るためにトンネルは重要なインフラです。今なお各地で建設の計画が進められており、自然災害からライフラインである交通網を守り、強靭化する意味でもトンネルはますます重要な構造物となるでしょう。今後とも施工力の向上と合理化にむけ創意工夫を重ね、地域社会に貢献できるよう努力してまいります。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

トンネルや高架橋の建設に50年以上取り組んでいる会社

鉄名建設株式会社は、愛知県名古屋市に拠点を置き、50年以上にわたって多くのトンネル建設に携わってまいりました。日本は山地が多いため、道路交通網の整備にトンネルは欠かせません。当社はこれまでに培ってきた経験と実績に、最先端の技術を融合。生産性を高め、新しいトンネル技術を生み出すことに力を入れています。また、駅や高架橋など鉄道や一般・高速道路などの工事にも多くの実績を残しています。現在日本のトンネルや道路は老朽化が進んでおり、修繕工事や補修のニーズが高まっています。安全な日本の交通網づくりを担う企業として、責任感を持って取り組んでまいります。

技術力・開発力

時代のニーズに合わせた新技術を積極的に導入

当社が手掛けているのはトンネル工事や高架橋工事が主です。近年のトンネル工事は、長大トンネルが主流となっており、こうしたニーズに即した新技術の導入が必要不可欠となっています。当社で活用している技術としては「長孔発破」があります。これは、通常よりも長い間隔を空けて発破をかけるもの。通常よりも段取り時間が短くなるため効率的に作業できる反面、高度な削孔精度が求められるため、技術力を要します。また、地盤改良を目的として、「AGF工法」も取り入れています。地山の崩落を抑制する効果があり、地山状況の悪いトンネル工事の際に有効な技術です。

施設・職場環境

勤務地は全国各地の現場!アクティブに活躍できます

施工管理職は、基本的には全国各地で行われているトンネルや高架橋工事の現場での勤務となります。現地での勤務中の宿舎は完備しておりますのでご安心ください。工期は数カ月から年単位におよぶこともありますが、工事関係者の方々と一つの目標に向けて進み、完成に至った際の達成感はなかなか味わうことができないものです。アクシデントやトラブルなどが起こることもありますが、地図に残るものづくりに携わり、日本のインフラづくりを支える仕事なのでやりがいはたっぷり。アクティブで人との出会いを楽しめる方からのご応募を心よりお待ちしています。

会社データ

事業内容 鉄道・道路の新設等に伴う各種トンネル工事および土木構造物工事
設立 1968年9月
資本金 3,000万円
従業員数 60名2021年12月時点)
売上高 19億6千万円(2021年8月時点)
代表者 代表取締役 塩畑泰典
事業所 ■本社
〒463-0021
愛知県名古屋市守山区大森4-107
TEL:052-799-0505
沿革 1968年 鉄名建設株式会社を資本金1,000万円にて設立
1979年 資本金を1,500万円に増資
1991年 本社を中区より守山区へ移転
1994年 資本金を3,000万円に増資
ホームページ https://tetsuna.co.jp/index.html
採用担当 剱山 浩樹
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)