株式会社愛媛朝日テレビ
エヒメアサヒテレビ
2024

株式会社愛媛朝日テレビ

eat/テレビ朝日系列/番組制作/放送事業
業種
放送
本社
愛媛

私たちはこんな事業をしています

1995年に開局した当社は、「地元を愛す。」のキャッチフレーズのもと、地元の人が知りたい、地元の人が笑顔になる娯楽、地元の人がホッとする時間を届けることを目指しています。ローカル局としては珍しく、オリジナルドラマを制作したり、スマホ用アプリを自社開発するなど「コンテンツに強い」という特色があります。また「eatと言えば高校野球!」というくらい、高校野球を全力応援しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

eat ってこんな会社

1995年に開局した当社は、「地元を愛す。」のキャッチフレーズのもと、地元の人が知りたい、地元の人が笑顔になる娯楽、地元の人がホッとする時間を届けることを目指しています。県民の皆さんにどれだけ支持されているかの1つの指標である世帯視聴率では、「プライムタイム(19時~23時)で、3年連続の1位を獲得いたしました。(2019年間年度・2020年間年度・2021年間)

事業優位性

オリジナルドラマや独自アプリなど、eatコンテンツがすごい!

愛媛朝日テレビの強みは“コンテンツに強い”こと。ローカル局としては珍しいオリジナルドラマを手がけており、2020年に公開した「ニーハムの旅」は脚本・演出・撮影をオール愛媛で制作。地元愛あふれる映像とストーリーで好評を博しました。また視聴者が生放送クイズ番組にリアルタイム参加できるスマホアプリ「テレビちゃん。」の独自開発に取り組み、新しいテレビの楽しみ方を提案。このアプリは2020年に日本映画テレビ技術協会「技術開発奨励賞」、2021年に日本民間放送連盟賞「技術部門 優秀賞」を受賞するなど大きな注目を集めました。時代のニーズへの対応や独自のコンテンツ制作を武器に、安定して仕事を続けられる環境を築いています。

仕事内容

チームワークがカギとなるテレビの仕事。さまざまな職種で活躍を

皆さんが視聴しているテレビ番組には、多くの職種・スタッフが関わっています。「報道制作」はニュースや情報番組などを制作し、視聴者に分かりやすく情報を伝えるのが仕事。企画から取材・制作まで幅広い業務をこなします。番組のタイムテーブルを作成するのは「編成」の仕事。視聴者のデータを分析したり、CMを効果的に配置するなど、全体を見渡しながら情報やコンテンツを組み立てる役割を担っています。テレビ局の売上のほとんどはCMによって成り立っています。そのCMを受注・管理するのが営業局の仕事です。時代に合わせ新たなPR手法やイベントを生み出します。一人ひとりの力を結集して、私たちの事業は成り立っています。

会社データ

事業内容 放送法によるテレビジョン放送・その他基幹放送事業
設立 1994年4月(開局1995年4月)
資本金 1億円
従業員数 76名(2021年10月現在)
売上高 32億円(2021年3月実績)
代表者 代表取締役社長 井上 隆史
事業所 ■本社(愛媛県松山市)
■支社/東京、大阪
■支局/新居浜・宇和島・今治・八幡浜
ホームページ https://eat.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)