丸中釧路中央青果株式会社
マルナカクシロチュウオウセイカ
2024
業種
商社(食料品)
その他商社
本社
北海道

私たちはこんな事業をしています

私たちは、釧路市公設地方卸売市場において、釧根地域の青果物および花き類供給の中心的役割を担っている会社です。国産、輸入を問わず広範な仕入先を持ち、北海道はもちろん、広く全国に目を向けた事業展開・販売戦略を進めています。地域の生活インフラとして社会に貢献できる仕事であるだけでなく、季節の移り変わりを感じながら、毎日を充実できる仕事です。若い力が中心となり、新しい卸売市場像を開拓していきましょう!

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

東北海道の「食の台所」として約半世紀の歴史を誇ります

私たち丸中釧路中央青果株式会社は、昭和48年(1973年)に釧路市市中央卸売市場開設と同時に創業しました。野菜、果物、花きを取り扱う専門の卸売業者として約半世紀の歴史があり、東北海道の食の台所として、人々の暮らしに欠かせない役割を果たしてきました。市場には、季節ごとに全国各地から青果物や花きが集まります。私たちはそれらを集荷・供給する役割を担い、商品の安定供給に貢献するとともに、適正な価格水準を提供。また、地域の特産品の販売拡大にも意欲的に取り組み、根釧地域の知名度を全国的に高める活動にも力を入れています。BtoBなので一般の方にはなじみが薄いかもしれませんが、社会生活になくてはならない存在です。

仕事内容

地域の食の安全安心を扱う、やりがいの大きな仕事です!

営業職の主な仕事は、市場内での営業活動です。毎日、量販店や小売店、飲食店などのお客さまが訪れますが、販売先の多くは市場内の仲卸業者です。生産地と消費者をつなぐ役割を担う市場は、商品だけでなく情報も届けるのが仕事。地域ごとの生産状況や新商品などを適宜情報提供するほか、消費者の情報を吸い上げ、農家や生産者に情報提供することもあります。食の安心安全を担うため、責任は重いです。しかしその分、大きなやりがいを感じることができるでしょう。野菜や花の知識は不問です。内部・外部の研修で仕事の習熟度UPを図るのはもちろん、一般的な知識や教養も高めていくことができます。

会社データ

事業内容 青果および花き類の卸売業
設立 1973年
資本金 9000万円
従業員数 32名(2022年01月時点)
売上高 106億6285万円(2020年度実績)
代表者 代表取締役 須崎 幸藏
事業所 【本社】
北海道釧路市新富士町6丁目1番23号
沿革 昭和48年7月 創立
昭和48年12月 創業
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)