日本ジェネリック株式会社ニホンジェネリック
業種 医薬品
専門店(ドラッグストア・医薬品・化粧品・調剤薬局)
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価30件~40件
  • 総合評価
  • 4.59 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 業界の理解 4.65

先輩社員にインタビュー

製造部 製剤課
k.Y
【出身】長崎大学大学院  工学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ジェネリック医薬品の秤量・造粒・混合工程
普段皆さんが見かける薬のなかで錠剤型のものは、有効成分を含む粉末をギュッと押し固めてつくられています。その、錠剤の製造におけるスタートラインである、秤量・造粒・混合工程を私は主に担当しており、工程内の管理業務も行っています。

製造現場では、スケジュール通りに次の工程へバトンを繋ぐ必要があるため、連携が非常に大切です。トラブル時には、報告や処置、次工程以降スケジュール変更の依頼、原因追及、改善案検討等を行い、製造現場ならではの緊張感があります。大変な面もありますが、製品の品質の大部分がこの現場での工程業務に左右されるので、常に品質第一の意識を高く保っています。経験年数が増えるにつれ製造工程以外の課内諸業務も任されていくので、自分のやる気次第で色々な業務を経験でき、モチベーションも高まります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新規設備の導入
入社5年が経つ頃、既存設備には備わっていない仕様の設備・装置一式が必要となり、入社1年目より機械オペレーターとしての経験を積んだことが認められ、この設備導入を一から進める機会を頂きました。製造に関する承認時期を考慮し、タイトなスケジュールの中、自分なりにフローを作成し、上司からアドバイスをもらいながら、必要事項の抽出を実施しました。

設備メーカーとの仕様調整等、様々なタスクをこなし、期限内に使用開始することができました。製造に関わる設備が自身の手で形になったときは、目標を達成できて良かったと感じました。それと同時に、今後は導入した設備の保全管理も必要となるため、設備保全という新たな管理業務に対する意識も芽生え、現在は各種設備の保全管理にも目を配らせ業務を遂行しています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大手調剤薬局が親会社で、製薬メーカーとしては若い会社
比較的若い会社ということから、これから発展していくであろう環境に身を投じてみたいという思いで入社を決めました。学生時代の研究活動も、バイオ系で新規酵素の構造解析を目標とし、色々試行錯誤をしながらサンプル調製をしていたのですが、私はとことんやり込んでいくタイプでした。そのため、当社でも発展途上ならではの学びを得るチャンスがあるのではと考えました。私の就活当時、当社は製造ラインの増設プロジェクトを行っていたので、なおさら興味が湧きました。
入社後は実際に、設備の増設等に立ち会う経験ができていますが、現在でも、オペレーション未取得設備も多くある等、まだまだ学ぶことが多くあります。自身のスキルを磨き、さらに経験値を積んでいるのが現状で、医薬品製造の奥深さを実感しています。
 
これまでのキャリア 製造部 製剤課(2014年新卒入社~)
1年目~:機械オペレーション習得(習熟度に応じ一人作業も)
3年目~:オペレーションに加え、後輩指導、一部管理業務
現在(主任):工程内管理(進捗管理、設備保全)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自己分析から判断する自身の強み弱みを明確に示し、自信を持って伝えることが大事だと思います。自分を飾っても大変な思いをするのはご自身です。適性を問われることもあるかと思いますが、無理なく自分らしさを大切にしてみてください。そんな自然な自分を受け入れてくれる会社こそ、相性が良いかと思います。そして当たり前かもしれませんが、将来のビジョンを持ち、ご自身の目指す社会人像がどのようなものかを考えることも重要です。皆さまの就職活動を応援しています!

日本ジェネリック株式会社の先輩社員

製剤課における生産の最終工程!検査印刷工程

製造部 製剤課
A.K
工学院大学 先進工学部 生命化学科

医薬品製造のスタートライン!造粒工程(原料の秤量から加工まで)

製造部 製剤課
F.K
信州大学 農学部 農学生命科学科

ジェネリック医薬品の包装工程

製造部 包装課
T.H
東京理科大学大学院 基礎工学研究科 生物工学専攻

ジェネリック医薬品の包装工程業務

製造部 包装課
S.Y
長岡技術科学大学大学院 工学研究科

錠剤の包装工程に必要な資材の検討と、ルールに則った包装作業のサポート

製造部 包装課
S.C
千葉工業大学大学院 工学研究科 生命環境科学専攻

製造に使用するコンテナ洗浄を経験した後、現在は混合工程を担当しています

製造部 製剤課
O.K
岩手大学大学院 総合科学研究科 農学専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる