日本ジェネリック株式会社ニホンジェネリック
業種 医薬品
専門店(ドラッグストア・医薬品・化粧品・調剤薬局)
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価70件~80件
  • 総合評価
  • 4.62 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 業界の理解 4.65

先輩社員にインタビュー

製造部 包装課
S.C
【出身】千葉工業大学大学院  工学研究科 生命環境科学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 錠剤の包装工程に必要な資材の検討と、ルールに則った包装作業のサポート
包装課では錠剤を「PTPシート」や「ボトル」へ充填する業務を行っています。この充填された製品は、どちらも共通して添付文書と共に箱へ装填され、ダンボール詰めを行った状態で市場に出荷されます。私の主な仕事は、包装工程で使用される資材の確認や、生産中に使用する包材における仕様書の作成です。また、錠剤の充填作業のサポートも行っています。

仕事で楽しいと思うことは、工場に新規導入される製品の資材のデザインや、その資材に機材特性が備わっているかを確認することです。新製品のパッケージを世に出る前に確認できることへの充実感がある反面、確認がおろそかになってしまえば、生産中にその資材が使えなくなるだけではなく、患者様のもとへ不具合のある製品が届いてしまうため、集中力を保つことを大切にしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
PTPシートからの錠剤の押出しやすさにおける試験方法を検討した時のこと
入社2年目に、他社から製造を移管した品目の、PTPシートからの錠剤の押出しやすさの試験を担当したときのこと。同一の錠剤でしたが、他社から当社への工場移管により、PTPシートのプラスチック容器とアルミ箔に変更が生じたため、錠剤の押出性にも変化があるのではないかと考えました。押出しやすさは人により感じ方が異なるため、評価方法を決定することは簡単なことではありません。そこで上司に意見を聞いたり、試験方法や評価方法の資料を確認したり、過去に行われた押出試験結果を参考にしながら評価方法を設定。以前の押出試験結果と比較し、相関関係が分かり始めたとき、担当して良かったと実感できました。

この経験から、自分の考えだけではなく、様々な人の意見や考えを取り入れ、多角的に物事を見て努力することの大切さを学びました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 医療費削減のためジェネリック医薬品の推進を行っていること
大学では核酸を生成する酵素の研究をしており、その酵素は医薬品のターゲットとしても考えられていたため、製薬業界に興味を持ち、医療・医薬品関連企業を志望していました。就職活動中、日本の医療費が上昇していることや、それによる様々な影響について知りました。当社の説明会にて、親会社の日本調剤と共にジェネリック医薬品の推進や、患者さま・薬剤師の声を取り入れた開発を行っていることを聞き、ここなら医療費削減や患者さまのサポートに貢献できると感じ、入社を決めました。

実際に入社後、現場の薬剤師から「とある2つの製品の名前が似ていて取り違えてしまう」という声を聞き、パッケージデザイン変更に携わることもありました。医薬品の研究は未経験でしたが、様々な業務を通じ、多くの人の役に立つ仕事に関わることができています。
 
これまでのキャリア つくば工場 製造部 包装課 (2019年4月新卒入社~2020年3月末)
つくば第二工場 製造部 包装課 (現職・2020年4月~)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

大学時代に研究など打ち込めることがあった方であれば、この仕事もしっかりこなしていくことができると思います。私は就職活動中に何度も自己分析不足で、ES作成や面接で苦労した覚えがあるので、まずはしっかりと自己分析と企業分析を行い、どんな仕事に就きたいか、何に興味があるのかを明確にしておくことが大切だと思います。就活は企業との相性もあるのでどんな結果でも一喜一憂せず、事前準備を入念に焦らず継続し、より良いと思う結果を残してください。

日本ジェネリック株式会社の先輩社員

製剤課における生産の最終工程!検査印刷工程

製造部 製剤課
A.K
工学院大学 先進工学部 生命化学科

医薬品製造のスタートライン!造粒工程(原料の秤量から加工まで)

製造部 製剤課
F.K
信州大学 農学部 農学生命科学科

ジェネリック医薬品の秤量・造粒・混合工程

製造部 製剤課
k.Y
長崎大学大学院 工学研究科

ジェネリック医薬品の包装工程

製造部 包装課
T.H
東京理科大学大学院 基礎工学研究科 生物工学専攻

ジェネリック医薬品の包装工程業務

製造部 包装課
S.Y
長岡技術科学大学大学院 工学研究科

製造に使用するコンテナ洗浄を経験した後、現在は混合工程を担当しています

製造部 製剤課
O.K
岩手大学大学院 総合科学研究科 農学専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる