森北出版株式会社モリキタシュッパン

森北出版株式会社

理工学系専門書籍/出版/広告/コンテンツ/企画/編集
業種 出版
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

第2出版部
村瀬 健太
【出身】京都大学大学院  理学研究科 物理学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 書籍の企画と編集
出版部員として、主に書籍の企画と編集をしています。
企画としては、テーマ探し、著者探し、市場状況や既刊書の調査、目的・目標の設定など、良い書籍を生み出すための計画立て、それに必要なら何でもしています。読者を想像することが重要で、著者とのやり取りはもちろん、同僚の社員との情報交換なども大事にしています。
編集としては、原稿の整理、完成度を高めるための校正・著者とのやりとり、組版所やデザイナーなど関連会社の人とのやり取り、宣伝案の検討など、書籍が出来上がるまでのほぼ全ての段階で主体となって動いています。1冊の書籍に対して基本は一人で編集しています。企画もですが、編集者個人の裁量が大きな仕事といえます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
難しい書籍の企画・編集での苦労と、著者・読者の反応
森北出版は主に理工系の教科書や専門書を扱っていますが、企画者のやる気と努力次第で、さまざまな分野・タイプの書籍の企画に挑戦していくことができます。私自身は、教科書や専門書はもちろん、翻訳書、読みもの系、クイズ本、赤シート式ドリルなどの企画や編集を経験してきました。
中でも、ある教科書では、既刊の類書との兼ね合いから企画のまとめ方が難しく、普段編集し慣れている書籍とは紙面の見せ方が異なることから編集時も一苦労しました。ただ、著者の先生には「あなたがいなければこの本は完成しなかった。また森北出版さんで書きたい」と言っていただけ、さらに(著者伝てですが)読者(学生)の反応も良く、読者に役立っているそうで、うれしかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 理学・工学を問わず、幅広い分野の本作りに関われる!
きっかけは、就職活動を始めてそれまでの人生を思い返した時に、私は本から新しい知識を得ること、得たものを人と共有すること・人に伝えることが、人一倍好きだということに改めて気づいたことです。そこで、そんな本を読むだけでなく、作り、世に出していける仕事を本気で探すようになりました。
具体的にどんな本を作りたいかを考えたときに、自然科学全般に興味があり、何でも学びたがる欲張り者の私には、理工系の書籍を幅広く扱い、自分の学んできた専門のみならず幅広い学問分野の書籍作りができる森北出版が最適だと思い、志望を決めました。
 
これまでのキャリア 第2出版部所属(現職・8年目)

この仕事のポイント

職種系統 編集・制作
仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

出版業界、特に専門書出版社は他の業界の会社に比べると小さく、数も少ないです。ゆえに、研究室の先輩など自分の知り合いには出版業界に勤めている人は滅多におらず、参考になる意見を聞けないために、この業界を躊躇してしまうかもしれません。しかし、そんなことは気にせず、出版業界に少しでも興味をもったならば、まずは説明会などに参加してみてください。自分にとってやりがいの見出せる仕事に出会えるかもしれません。

森北出版株式会社の先輩社員

工学・理学分野の学術書の企画・編集が仕事です

第2出版部
鈴木 遼
早稲田大学大学院 先進理工学研究科 物理学及応用物理学専攻

読者に届きやすいよう、情報を本の形にする仕事

第1出版部
村上 岳
名古屋大学 工学部 機械・航空工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる