森北出版株式会社モリキタシュッパン

森北出版株式会社

理工学系専門書籍/出版/広告/コンテンツ/企画/編集
業種 出版
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

第2出版部
鈴木 遼
【出身】早稲田大学大学院  先進理工学研究科 物理学及応用物理学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 工学・理学分野の学術書の企画・編集が仕事です
大学や企業の方が読むような、理系の教科書や専門書を作る仕事をしています。どんな本を作りたいかという企画の部分から、原稿の中身のブラッシュアップ、レイアウトのデザインや宣伝文の考案まで、書籍を作り上げるためにさまざまな仕事を行っています。仕事の種類は多岐に渡りますが、目指すところは「読者にとってよりよい書籍にすること」で一貫しています。読者はどんな本を求めているのか? この本をもっとも必要としているのは誰か? その人に手に取ってもらうにはどうしたらよいか? これらを常に考えながら、日々の仕事に取り組んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
著者の先生と相談して、わかりやすい説明を模索できたこと
編集段階で、著者の先生が書いた原稿を読み、文章をブラッシュアップするために提案をします。あるとき、ある節の内容がどうしても後半と矛盾しているように見えたため、思い切って「この節が後ろの内容と矛盾しているように見えるのですが」と直球の質問を投げかけました。先生からしたら対処しづらいコメントだったと思うのですが、真剣に考えてくださって、大幅に改善した差し替え原稿を用意してくれました。読者のためにどうしたらよいかお互いに真剣に考えた結果、よりよいものを作り上げることができてうれしく思いました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 専門知への敬意と読者を第一に考える姿勢に共感したから
私は「科学を伝える」ことを仕事にしたいと考えており、出版社以外にも博物館などを視野に入れて就職活動をしていました。この会社を選んだ理由は、仕事内容が自分のやりたかったことと一致していたというのはもちろんなのですが、最終的には、インターンや面接でお話しした先輩社員の価値観に強く惹かれたからです。とくに、専門知に対する敬意や読者を第一に考える姿勢は、私にとって非常に共感できるものでした。この会社でなら自分がやりたいことを実現できると思い、森北出版への入社を決めました。
 
これまでのキャリア 第2出版部所属(現職・今年で2年目)

この仕事のポイント

職種系統 編集・制作
仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動では、自分自身と真摯に向き合うことが重要だと思います。何がやりたいのか、どう生きていきたいのか、せっかくの機会なので徹底的に考えてみてください。思うようにいかないこともたくさんあると思いますが、それすらも楽しむような気持ちで前向きにやってみると、意外なところで自分にぴったりな選択肢と出会えるかもしれません。さまざまな可能性を吟味して、納得できる進路を選んでください。

森北出版株式会社の先輩社員

書籍の企画と編集

第2出版部
村瀬 健太
京都大学大学院 理学研究科 物理学専攻

読者に届きやすいよう、情報を本の形にする仕事

第1出版部
村上 岳
名古屋大学 工学部 機械・航空工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる