フィールドシステムズ株式会社
フィールドシステムズ
2024

フィールドシステムズ株式会社

ソフトウェア開発/システム開発・設計
業種
ソフトウェア
情報処理
本社
福岡

私たちはこんな事業をしています

私たちの仕事は、システム開発を通して人と人、人とモノをつなぐことで社会に貢献することです。運送会社向けのクラウド型在庫管理システム、個数表発行システム、クラウド型バース受付システムなどの開発をはじめ、常に新たな価値あるシステムを作り、提供してきました。福岡で起業して10年とまだまだ若い会社ですが、物流や医療、官公庁など、幅広い分野のシステム開発を手掛け、お客様の期待に応えることで信頼を得ています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

「価値ある技術」で地域社会に貢献

当社は2010年に介護事業としてスタートしました。命の尊さや健康の大切さを学びながら事業を展開してきましたが、介護事業を行う中でシステムの必要性を実感したことで社名を変更、本格的にシステム開発事業に転換しました。一見、縁遠いような介護とシステム開発ですが、「人のために何ができるか」「社会のために何ができるか」と考えることは、どちらにとっても重要です。現在、少子化や生活習慣の変化などに伴い、社会は大きな変革を遂げていますが、どんなに時代が移り変わっても人が社会を支えるという原則は不変です。業態は変わっても、価値あるシステムを開発し、地域社会に貢献することが、私どもの社会的責任であると考えています。

事業・商品の特徴

新たな価値の創造をテーマに成長

当社の主力商品は、物流会社向けの個数表自動作成システム「検太郎」です。個数表とは、小売店やセンターに納品する際にその数を記すもの。大手物流倉庫となると高機能システムを導入し、その中での個数管理を可能としていますが、小~中規模の多くの物流倉庫では設備投資が難しく、現在も手書きでの作業を避けられません。そこで私たちが、個数表に特化したシステムを開発、販売。大きな反響を呼びました。続いてタブレット端末での在庫管理はもちろん、検品、配車作業にまで対応した在庫管理システム「庫太郎」を開発。当社はこのように、新たな価値の創造をテーマに、システムの開発と成長を続けています。

会社データ

事業内容 運送会社向けパッケージソフト開発
システム設計/開発
物流業向けコンサルタント
設立 2010年12月14日
資本金 100万円
従業員数 23名(男性19名、女性4名)
※2020年4月1日現在
売上高 1億2,000万円(2021年11月実績)
代表者 代表取締役 園田 規正
事業所 本社/福岡県福岡市博多区博多駅南1-7-22 ブックローン福岡ビル5F
福岡開発センター/福岡県福岡市博多区博多駅前3-18-27 コスモプラスビル6F
沿革 2010年12月/久留米市にて会社設立
2012年4月/福岡支店開設
2017年11月/個数表自動発行システム「検太郎」販売開始
2019年3月/クラウド在庫管理システム「庫太郎」販売開始
2020年2月/代表取締役変更
2020年8月/データセンター事業開始
2021年2月/バース受付システム「状太郎」販売開始
主要取引先 株式会社ケイエム、株式会社リュウセイ、株式会社九州テン、株式会社オネスト九州、アーチ株式会社、富士ソフト株式会社、株式会社寺岡精工、アスカコーポレーション株式会社
※敬称略、順不同
開発実績 九州大学:Q-Mentalアプリ開発
リュウセイ:在庫管理システム「庫太郎」
臼杵運送:バース受付システム「状太郎」
ショクリュー:個数検品システム「検太郎」
宇航人ジャパン:出荷伝票作成システム
Nプランニング:サーバ構築・ネットワーク構築
マルマサフード:個数検品システム「検太郎」
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)