金沢中央信用組合
カナザワチュウオウシンヨウクミアイ
2024

金沢中央信用組合

預金・融資・内国為替・保険などの金融サービス
業種
信用金庫・信用組合・労働金庫
本社
石川

私たちはこんな事業をしています

【地域に寄り添う金融機関】
江戸時代から金沢市民の台所を支える近江町市場。そこが金沢中央信用組合の発祥の地です。私たちは、1924年(大正13年)の設立以来、「愛される・親しまれる・頼られる」コミュニティ・バンクとして、地域の暮らしと事業を支えてきました。これからも、組合員のみなさんの課題や要望にきめ細やかに応え、地域に寄り添い、共に栄え、共に歩んでいきます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

地元のお金は地元で活かす。地域密着型の金融サービス

預金や融資など金融サービスは同じでも、銀行・信用金庫と信用組合では、目的やお金の流れ、利用者が異なります。信用組合は、利益の追求を目的とせず、「相互扶助」の理念に基づいた金融サービスを提供しています。つまり、預けたお金は同じコミュニティの組合員に融資され、お互いを支え合う仕組みです。私たち金沢中央信用組合は、金沢市民の台所を支える近江町市場、中央卸売市場、しょうゆの産地である大野地区に拠点を置いて、この地域で暮らし、働き、事業を行う組合員を支えてきました。1924年から98年間、コミュニティの成長や変化を見守り、地域経済の発展に貢献してきました。

戦略・ビジョン

「フットワーク」と「フェイス・トゥ・フェイス」で課題を解決

現在、新型コロナ感染症の拡大により、金沢の基幹産業のひとつである観光業は大きな打撃を受け、関連する業界も含め事業の継続に悩んでいる組合員は少なくありません。こうした時こそ「組合員を支え、守る」という信用組合の基本に立ち返り、私たちは資金供給のみならず、様々な補助金や助成金の申請サポートも含めた包括的な支援を行ってきました。「フットワーク」と「フェイス・トゥ・フェイス」をモットーに、足しげく組合員のもとに通ってしっかりと向き合い、課題を解決へ。そして、新しい可能性を切り拓いていきたいと思っています。

会社データ

事業内容 預金・融資・内国為替・保険など金融基幹業務
設立 1924年(大正12年)2月4日
出資金 5億5900万円(2021年3月現在)
従業員数 26名(2022年3月現在)
預金・貸出金 預金214億円、融資108億円(2022年3月実績)
代表者 理事長 山口 孝
事業所 本店/石川県金沢市上近江町15番地
市場支店/石川県金沢市西念4-7-1(金沢市卸売市場内)
大野営業部/石川県金沢市大野町4-163
組合HP https://www.kanazawachuo.shinkumi.jp/index.html
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)