ソルベイ・スペシャルケム・ジャパン株式会社ソルベイ・スペシャルケム・ジャパン

ソルベイ・スペシャルケム・ジャパン株式会社

【SOLVAY GROUP(ソルベイグループ)】レア・アースの製造・販売
業種 化学
非鉄金属
本社 徳島

先輩社員にインタビュー

研究開発部
佐々木 利裕(34歳)
【出身】秋田大学大学院  工学資源学研究科 材料工学専攻 エネルギー材料学 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 実験室から大規模生産装置へのスケールアップ。新製品を生み出す検証実験。
私の所属しているチームが携わっているのは、助触媒と呼ばれる触媒です。排ガスを清浄化する働きがあり、製品化されたパーツは車やバイクのマフラーに使われています。私の仕事は、そんな触媒の新製品制作におけるスケールアップ検討。具体的には、研究を行う実験室から実用レベルに近い研究を行う大規模生産装置までの過程において、その中間にあたるパイロット規模装置を使用したスケールアップ検討を行っています。
試作品研究時には数Lの規模で実験しますが、量産レベルになると数m3以上の桁違いの規模となります。合成規模を変えると条件が変わり、実験結果も当初とは変わってきます。大規模設備の前段階となるパイロット設備にて検証実験を行い、問題点を発見して合成レシピを次の工程に渡す仕事に取り組んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
国を超えて研究者が協働することの面白さが魅力です。
当社の研究開発で最も面白いと感じているのは、国外にいるグループ会社の研究者との協働です。数年前、ある日本のお客様から「海外で生産されている製品を日本でもなんとか作って欲しい」という内容の依頼がありました。当時の私たちは、その製品の生産プロセスはほぼ新規なものでした。さらに、生産までに課された期限は、本来研究から製造までに要する期限のほぼ半分と非常に短期のものでした。
日本のメンバーのみでは非常に困難なプロジェクトでしたが、フランスとアメリカの技術者に協力を仰ぎ、生産工程や実験を手分けして進め、納得のいく結果を出して最終的に間に合わせることができました。
初めて私が主導となって進めたプロジェクトを成功させたことで実績が認められ、社内でも自分の名前が広く知られることになりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分がずっと携わりたかった分野で研究開発できるから。
大学院では材料工学を学んでおり、中でもエネルギーに強い関心を持っていました。将来的にレアアースの分野が急速に伸びることが予想できたため、志望企業の事業内容はエネルギーとレアアースの2点に絞りました。条件を満たす企業は国内でも限定されるため勤務地にこだわらずに探した結果たどり着いたのが当社です。外資系企業ということから面接するまで自分に合う社風かどうか心配していましたが、非常にいい意味で予想を裏切られました。働いている人は皆気さくな人ばかりです。特に面接当日に最初に話しかけてくださり、面接室に招き入れてくださったのが社長だと後から分かった時にはとても驚いたことを覚えています。
自分のやりたいことが実現できるうえ、こんなに暖かい人たちと一緒に働けるならばと迷いなく入社を決めました。
 
これまでのキャリア 新製品の研究・開発 (現職・今年で11年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル ニッポンを飛び出して、海外の人と働く仕事
仕事でかかわる人 海外の人と接することが多い仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就活生の時はどうしても自分をより良く見せて選考に挑んでしまうものですが、自分を偽らず素直な気持ちと言葉を出すことを心がけた方がよいと思います。無理をして勝ち取った内定は、いざ入社するとどこかで無理が生じるものです。
また、どうしてもやりたい仕事があるなら、先入観を持たない方がいいでしょう。英語が苦手・外資企業はよくわからないという理由で諦めるのはもったいないものです。必要な知識・技術・語学力は仕事をしながら実践の中で学べます。

ソルベイ・スペシャルケム・ジャパン株式会社の先輩社員

新製品開発。フラスコレベルの研究をパイロットレベルに拡大します。

研究開発部
岡本 卓真
徳島大学大学院 先端技術科学教育部化学機能創生コース

工場で働く社員が安心して働ける職場環境を実現しています。

阿南工場 総務部 安全衛生課 課長代理
村野 智嘉
徳島大学 先端技術科学教育部 エコシステム工学コース

設備の省力化プロジェクトに取り組みながら現場を支えています。

阿南工場 工務部 工務係
森 貴幸
阿南工業高等専門学校 電気電子工学 卒

新規開発品の生産プロセスへの適用と既存プロセス改善が私の仕事です。

生産技術部 生産技術課
勝瑞 哲也
岡山大学大学院 自然科学研究科 機能分子化学専攻

新製品のスケールアップ・既存製品の改良、工程改善

エレクトロニクス事業部 先端材料課 技術係
松本 有央
横浜国立大学大学院 環境情報学府 環境システム学専攻 マテリアルシステムコース

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる