東邦化工建設株式会社
トウホウカコウケンセツ
2024

東邦化工建設株式会社

帝人グループ
業種
プラント・エンジニアリング
設備・設備工事関連/機械設計/その他サービス
本社
静岡

私たちはこんな事業をしています

1975年創業の東邦化工建設株式会社は、高機能素材、ヘルスケア、IT事業で世界的に展開する帝人グループの中核を担うエンジニアリング企業です。静岡県の本社・徳島県の事業所を拠点にプラント事業、溶剤回収装置事業、分析・ソリューション事業の3つを軸に事業を展開。「環境に貢献する企業」として、お客さまのニーズに最適なソリューションで応えています。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

二次電池材料関連装置の技術者としてグローバルに活躍できます!

多様なVOC(揮発性有機化合物)ガス回収ニーズに対応する溶剤回収装置事業、工場などの企画・設計・施工・工事監理を手掛けるプラント事業、化学物質の専門知識を生かした分析・ソリューション事業など、幅広い事業を展開する東邦化工建設。その中でも、溶剤回収装置事業は、工場の製造工程で発生する有機ガスを回収し再利用可能にします。リチウムイオン電池材料の製造設備に採用されており、需要が急拡大している二次電池関連装置の技術者として、グローバルな活躍ができます。機械系、電気・電子系、建築・土木系、化学・物質工学系などの理系学部で学んだことが生かせる生かせる職種です。最先端の業界で働きながら資格の取得も目指せます!

施設・職場環境

静岡から世界へ!働きやすい環境で技術者として成長を目指す

当社は、中国、韓国、欧州などと広く取引があるため、静岡にいながら世界とのつながりを感じられる会社です。技術者として成長するために帝人グループの研修に参加することができ、技術・環境系の資格取得も積極的にバックアップしています。皆さんには技術者として、そして語学力、交渉力など持てる力を発揮し、世界を相手に成長していって欲しいと考えています。完全週休二日制で年間休日121日と休みが多く、有給休暇もしっかり取得できます。富士山、伊豆・熱海など本社周囲の立地も魅力的で、公私ともにワークライフバランスの取れた働き方が可能です。静岡にUIターンして働きたい方も歓迎しています!

戦略・ビジョン

環境に貢献する企業を目指しSDGsを推進します!

東邦化工建設株式会社は『循環型社会の構築が人類の未来にとって、最も重要な課題であることを認識し、人と環境を考えた「環境に貢献する企業」を目指します。』を企業理念に掲げ、SDGsを推進している企業です。私たちは、帝人グループならではの安定性に加えて、営業黒字、無借金経営という強固な収益財務基盤を強みに、40年以上にわたり培ってきたエンジニアリング事業と分析事業の知見を生かし、新しい価値を生み出すことに挑み続けています。また、帝人グループの約束"Human Chemistry,Human Solutions”のもと、これからも社会の課題解決に挑み、社会と顧客から信頼されるよう努めていきます。

会社データ

事業内容 各種エンジニアリング
溶剤回収装置の設計・施工・メンテナンス
プラント建設
環境分析・作業環境測定
設立 1975年4月
資本金 4億円
従業員数 125名
売上高 35億円(2021年3月時点)
代表者 代表取締役 原田 茂彦
事業所 【本社・三島分析センター・溶剤回収事業部】
 静岡県駿東郡長泉町上土狩234番地

【徳島事業所・徳島分析センター・プラント事業部】
 徳島県徳島市応神町吉成字只津37番地4
主な取引先 帝人(株)、東レ(株)、旭化成(株)、日亜化学工業(株)、富士フィルム(株)、AGC(株)、日立化成(株)、富田製薬(株)、岡谷鋼機(株)、四国化成工業(株)、四国トーセロ(株)、四国化工機(株)、三井化学(株)、大塚化学(株)、住友理化(株)、(株)ジェイテクト、協和キリン(株)、日本製紙(株)、王子製紙(株)、シオノギファーマ(株)、海外リチウムイオン電池材料メーカー各社他
溶剤回収事業のお仕事内容って? 溶剤回収事業と聞いてもどんなお仕事をするかイメージできないと思いますが、主に6つのお仕事があります。
◆ 営業
  お客さんごとに排気ガス中に含まれる有機溶剤の成分・濃度・量など条件が違います。
  お客さんから必要情報をもらい要望にあった溶剤回収装置を提案します。
◆ 設計
  お客さんに営業が提案をおこなって受注した装置の設計をします。
  装置の大きさや配管の太さ等を計算し図面を描いていきます。
◆ 資材調達・協力業者手配
  設計が完了したら、必要な材料や部品の大きさや量が決まるので資材の調達をします。
   また、協力業者の方に製作や据付の依頼をし、日程調整も実施します。
◆ 製作・据付
  計画した日程どおりにすすめるため、協力業者の方と密に連携し製作を進めていきます。
  図面通りに作られているか確認を実施します。
◆ 試運転
  製作した溶剤回収装置を実際に動かし、問題がないか確認します。
  動作だけでなく排気ガス中の有機溶剤の量を測定し、お客さんからの要望を満たしているか
  報告します。
◆ メンテナンス
  溶剤回収装置の納入後には定期的に設備のメンテナンスを行います。
  お客さんのもとに訪問し、劣化している部品は新品に交換する等、継続して装置の性能がお客 
  さんの要求を満たせるよう点検・整備・交換を実施する。
  装置は古いものから新しいものまで様々あり、症状も装置によってそれぞれ異なるため、経験
  と知識が求められます。

□ 東邦化工建設では、溶剤回収装置が市場が急拡大しているリチウムイオン電池材料の製造 
   設備に採用されていること、営業からメンテナンスまでを一貫して自社で実施していることが
   会社の強みであり社員のやりがいにつながっていると考えています。


新型コロナウィルス対応 3月初めから会社説明会を開催しますが、感染拡大防止のためwebで開催します。リクナビ上の「説明会・面接画面」から予約ください。日程が合わない方は連絡頂ければ個別での対応もいたします。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)