株式会社村田製作所ムラタセイサクショ
  • 株式公開
業種 半導体・電子部品・その他
ガラス・セラミックス/化学/設備・設備工事関連
本社 京都
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

生産技術開発統括部 生産技術開発2部 開発1課
F
【出身】静岡大学 大学院  理工学研究科 電気電子工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 自社の電子部品を生産するための設備開発
様々な電子機器内で使用されている電子部品の生産設備を自社で開発しています。私は生産設備の制御ソフトの設計を担当しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
プレゼン時に ”おぉ” というどよめきが。。。
現在の仕事とは異なるのですが、以前Windowsのアプリケーションを設計する機会がありました。私はWindowsアプリケーションに関するスキルはほぼ0の状態であったのに、事前に行った仕様調査のヒアリングでは色々な要求を受けました。約3ヶ月後、周囲の方の協力も頂いて要求された仕様を満たすものを作ることができました。全くの初心者からスタートしたということもあって、無事ソフト設計ができた時には強い達成感と充実感を感じることができました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 設備を自社開発
大学では電機電子工学を学んでいたのですが、研究室では実験そのものよりも、実験器具の改良に楽しさを感じるようになり、生産技術の仕事をしたいと思うようになりました。私の会社は材料開発から量産まで一環して行っており、他の会社と比較して多種多様な生産設備に携わることができると思い、この会社を選びました。
 
これまでのキャリア 大学の研究とは無関係な制御の分野の仕事を始めて4年。自分で満足できるレベルになるまではこの仕事を続けていきたいと思います。一通りのことができるようになったら、他分野へも挑戦したいと思っています。

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

皆さんの中には大学での専門性が会社で活かせるのかどうか不安を抱いている方もおられると思います。自分も、大学の専門分野と、生産技術の分野は全く異なるものであったため、入社後やっていけるかどうか不安でした。ですが入社後、専門知識の有無に関わらず、基本からの教育があり、意外とどうにかやっていけていると思います。これから就職活動をする皆さん、余り入社後のことは悩まずにリラックスして肩の力を抜いたほうが、良い就職活動ができると思います。

株式会社村田製作所の先輩社員

新製品用材料の研究開発を行っています。

技術・事業開発本部材料開発統括部材料1部5課
K
奈良女子大学大学院 人間文化研究科 物理科学専攻

アメリカ及びメキシコの得意先に向けた営業活動

Murata Electronics North America, Inc. San Diego office
T
東京外国語大学 外国語学部 スペイン語学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる