株式会社テレビ熊本テレビクマモト
業種 放送
本社 熊本
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

技術局 技術部
山口 智仁(27歳)
【出身】熊本大学大学院  自然科学研究科情報電気電子工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 番組制作の技術(音声)業務ならびに放送監視業務
【1】自社制作の番組(生番組・収録番組)で音声を担当しています。出演者の声やVTRの音、効果音など番組にかかわる全ての音を視聴者が聞きやすいバランスとなるよう調整しています。テレビを通してしか見られなかった著名人と直に接し一緒に番組を作り上げることができて楽しいです。
【2】番組やCMが予定通りに放送されているか監視を行っています。とくに映像音声に乱れがないか、日付や文言に誤りがないか、電子番組表(EPG)やデータ放送が正常に放送されているかなど、様々な項目を確認しています。また、放送に関わる各種制御は全て機器で行っているため、機器の状態も監視しトラブル時に速やかに対処できるようトレーニングしています。常に緊張感を伴う業務ですが、一日無事に放送を終えると大きな達成感が得られます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
入社一年目の「熊本城マラソン」で初めて中継TDを経験
入社1年目の2月、生放送番組「熊本城マラソン」において数ある中継点の一つであるスタート地点のテクニカルディレクター(TD)を担当しました。TDは放送において制作サブや各中継点のそれぞれの現場技術責任者のことであり、システム系統の構築・管理から現場の下見・打合せなどを一手に担います。当時TD業務は初めてでしたので、緊張と不安が大きかったですが、前年度の担当者に協力頂きながら2か月程費やし本番に向け入念に準備を行いました。そして本番当日無事にOAが終了したとき、後日録画の映像を視聴したときは初めての緊張からの解放感と同時に、映像を通して参加ランナー達のスタート地点における複雑な感情を視聴者にお届け出来たことに大きなやりがいを感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地元に根付いた番組を自社制作している点が魅力的だった。
平日午前中に、帯で生放送のローカル情報番組を制作・放送している熊本唯一の放送局である点が魅力。この時間帯は、熊本に限らずローカル民放局の多くが、全国ネット番組等を放送している印象があります。熊本にしか住んだことのない私には、全国放送の番組が多く放送されていることに違和感があり、都心部の食事処の情報よりも地元の情報が知りたいと思っていました。また、夕方はローカルの報道ニュースを手厚く放送していることにも魅力を感じました。一日の終わりに県内の情勢や必要な情報を入手できるためです。私と同じような思いを持った多くの県民の役にたてたらと感じたことが会社選びの決め手でした。
 
これまでのキャリア 技術局技術部(現職・3年目)

この仕事のポイント

職種系統 編集・制作
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就活用の自分を無理に作る必要はありません。猛者揃いの面接官は上っ面なぞ見透かしていると思いますし、入社後に自身が苦労するかと思います。私は面接も苦手な部類でしたし、これという強いアピールポイントもありませんでした。しかしありのままの受け答えの中にたまたま可能性を見出され内定も頂き、現在はのびのびと業務に励めているので、皆さんも自分らしさを大事にして就職活動に臨まれてください。

株式会社テレビ熊本の先輩社員

アナウンサー 皆さまにニュースを伝えること!

報道編成制作局 報道部
仲野 香穂
島根大学 法文学部 言語文化学科

番組制作時の音声業務と放送運行業務

技術局 技術部
太田 航平
九州大学 経済学部経済工学科

テレビで放送するCM枠の販売、CMの企画、イベントの企画提案。

営業局 営業部
三宅 真理子
横浜国立大学 経営学部経営学科

報道記者 現場を駆け回り、生の情報を伝える

報道部
島 征吾
東京外国語大学 国際社会学部 オセアニア地域専攻

考え動き、導く

営業局 営業部
古閑 章彦
明治大学 商学部商学科

テレビ熊本の面白さを皆さんに知っていただくこと。

報道編成制作局 編成制作部
久保田 舞香
立命館大学 文学部 人間研究学域

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる