株式会社関西シビルコンサルタントカンサイシビルコンサルタント
業種 建設コンサルタント
建築設計/鉄道
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

技術部 鉄道設計グループ
H.O(33歳)
【出身】愛媛大学大学院  理工学研究科 生産環境工学専攻 環境建設工学コース 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 自分で描いた図面がカタチになるから人一倍達成感や愛着を感じます。
鉄道と交差する道路、河川構造物や新駅、駅改良工事など、お客様が利用される幅広い構造物の設計を行っています。現在担当しているのは、新しい路線の構造計画や河川改修に伴う構造物の設計、地下道の設計です。自分で計算し図面を作成した構造物が完成していくわけですから、人一倍達成感や愛着を感じることができます。完成した構造物を多くの人が利用しているシーンを想像すると思わず笑みがこぼれてしまいますね(笑)。イチから図面を作成するので、まるで自分の子供が立派に育ったような感覚です。作業で意識しているのはミスを出さないこと。計算が間違っていたらやり直しです。ミスが発生すれば、完成までのスケジュールに影響が出る恐れがあります。慎重な作業で正確な図面を作成することを常に意識しながら、日々仕事に向き合っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
大規模再開発が進む新しい梅田に少しだけ関わりました。
入社4年目にJR大阪駅北側の梅田北ヤード再開発事業のうち、JR東海道本線支線の地下化業務における難工事区間の設計を任されました。設計箇所は東海道支線と東海道本線の交差部なのですが、支線の上空を通る東海道本線への影響や狭溢な施工環境、軟弱地盤など多くの課題があり、入社して最も苦難した現場でしたね。それを乗り越えられたのは、自分の力だけでなく、まわりの仲間たちのおかげ。このチームワークがあったので無事に設計を完成させることができ、苦労を忘れるほどの達成案を味わうことができたのです。現在、梅田北ヤードは大規模工事の真っ最中。梅田の大規模再開発工事に関われたことは誇りですし、設計として大きな自信を付けることができました。工事が完了して、新しい梅田が完成した暁には、さらに喜びを噛みしめると思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 若くても新幹線の高架橋といった重要度の高い構造物に関われる。
土木系の学科・大学院を卒業し、昔からの夢であった構造物の設計に携われる職場を探していました。当初は東京本社の企業を探していたのですが、就活中に東日本大震災に遭遇。都市の脆弱性と縁もゆかりもない土地に不安を感じ、早々に地元関西での就職に切り替えたのです。ここを選んだのは、通勤の利便性、転勤がないこと、公共性が高くやりがいが持てる職場に魅力を感じたからです。入社して感じたのは、少人数でアットホームな職場環境に似合わず新幹線や在来線の高架橋や新駅など重要度の高い構造物を、社員一人一人が責任を持って業務に従事できること。いつまで経っても責任ある仕事を任せてもらえない会社も多いと思いますが、そんな心配をする必要はない。社員を信頼してくれる会社だからのびのびと力を発揮することができるのです。
 
これまでのキャリア 技術部 構造設計1グループ(6年間)⇒ジェイアール西日本コンサルタンツ出向(1年間)⇒技術部 鉄道設計グループ(現職:今年で2年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 地図や歴史に自分が関わったものを残せる仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動をしていると大手企業に目がいきがちになりますが、勤務地や会社方針、社風に自分のライフスタイルを合わせなければなりません。今後の人生の大半を歩んでいく会社なのですから慎重を期することが重要です。自分自身の生活、将来の家族との生活、定住地など、自分の思い描く将来像と合致する企業を探してください。ただ有名な会社だからという理由で安易に決めてしまえば、すぐに辞めるという事態もありえます。後悔しないためにもしっかり選んでください。

株式会社関西シビルコンサルタントの先輩社員

鉄道というインフラを整備するための計画・設計を行っています。

鉄道設計グループ
H.I
関西大学 環境都市工学部 都市システム学科

50年以上にわたり蓄積された実績が日々の業務を支えてくれます。

技術部 構造設計2グループ
S.Y
大阪工業大学 工学部 都市デザイン工学科

ルーティーンワークとは無縁の設計業務です。

技術部 構造設計グループ
K.K
神戸市立工業高等専門学校 都市工学科

JR関連の測量調査・全般調査を行っています。

測量調査部
T.T
近畿測量専門学校 情報測量学科

「あいまいな境界線」の歴史に終止符を打つ仕事です。

用地調査部
T.Y
近畿測量専門学校 情報測量学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる