株式会社関西シビルコンサルタントカンサイシビルコンサルタント
業種 建設コンサルタント
建築設計/鉄道
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

技術部 構造設計グループ
K.K(29歳)
【出身】神戸市立工業高等専門学校  都市工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ルーティーンワークとは無縁の設計業務です。
JR西日本の駅ホームや高架橋の設計業務を行っています。コンクリート構造や鋼構造など大きさや種類が異なる幅広い仕事があり、小さい仕事なら一週間程度、大きい仕事ともなれば一年以上かかるものもあります。最近ではホーム柵設置に関する業務が多いですね。通勤で利用している駅にホーム柵が付いた時は、自分の仕事が社会に大きく役立っていることを改めて実感しました。仕事をする上でおもしろいのは、自分の描いた設計図どおりに工事が進んでカタチになっていくのを見られること。私たちの会社は測量から調査、設計、製本まですべて自社で行っているため工程の進み具合を都度確認することができます。トータルに関われるから仕事の醍醐味を味わうことができますし、幅広い案件を担当することで設計の豊富な知識を身に付けることもできるのです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
職人さんの気持ちをはじめて理解できた北陸高岡駅ホーム。
入社2年目に自分が設計し図面を描いた北陸高岡駅のホームの施工現場を見に行ったことがあります。はじめて自分の図面がカタチになる現場を目にして興奮したのですが、未熟さも実感しました。現場で施行する職人の方から図面に対する厳しい意見も頂戴したからです。そこからは設計をする時に、図面をより現場で働く人の目線で描くようになりました。実際に図面を見て作業をするのは職人さんなので、どんな図面であれば現場は一番作業がしやすいのか常に意識するようになったのです。わかりやすい図面があれば、職人さんが安全に正確に作業をすることができ、その先に多くの方が安心して利用できるホームや高架橋が生まれるのです。自分の描いた図面が世の中の至るところで多くの人を支えている。そのことを考えるたびに気持ちが引き締まります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き たった一枚の図面で何十万もの人々の生活を支えることができる。
小さいころから図工や美術が好きでした。その流れで工業高等専門高校に入学し、卒業後の進路はなんらかのモノづくりに関わる仕事がしたいと考え、最終的に選んだのがここです。決めてとなったのは、社会に必要不可欠な大きな構造物の設計に関われること。駅や橋など、人々が毎日利用する場所を仕事を通して支えられるのはとても面白そうでしたし、魅力的でした。一つとして同じモノを設計しないという点も魅力に感じましたね。例えば駅であれば、複数のエレベーターが設置されていたり、長い地下道があったりと、千差万別。毎日飽きることがないし、仕事に夢中になるあまり、あっという間に時間が経過している時もあります(笑)。頭をフル回転させて図面を作成する苦労はあるのですが、完成した現場を目にした時には全ての大変さは一瞬にして消えます。
 
これまでのキャリア 技術部(現職・今年で9年目)

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

社会人になってから会った人に、『仕事内容』、『職場の人間』、『給料』のどれか二つに満足できればOKという話を聞いたことがあります。私が重視するのは『職場の人間』です。定年までずっと一緒にいる人たちですので、いい人がいっぱいいる会社を選びたいと思うからです。あなたが何を一番重視するかはわかりませんが無理する必要は全然ないと思います。深く考えずに3年程度働いて、ニつに○が付かなければ辞めてもいいくらいの気持ちで臨めばいいのではないでしょうか。

株式会社関西シビルコンサルタントの先輩社員

鉄道というインフラを整備するための計画・設計を行っています。

鉄道設計グループ
H.I
関西大学 環境都市工学部 都市システム学科

50年以上にわたり蓄積された実績が日々の業務を支えてくれます。

技術部 構造設計2グループ
S.Y
大阪工業大学 工学部 都市デザイン工学科

自分で描いた図面がカタチになるから人一倍達成感や愛着を感じます。

技術部 鉄道設計グループ
H.O
愛媛大学大学院 理工学研究科 生産環境工学専攻 環境建設工学コース

JR関連の測量調査・全般調査を行っています。

測量調査部
T.T
近畿測量専門学校 情報測量学科

「あいまいな境界線」の歴史に終止符を打つ仕事です。

用地調査部
T.Y
近畿測量専門学校 情報測量学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる