株式会社松井製作所マツイセイサクショ

株式会社松井製作所

自動車部品/自社開発/一貫生産/ジョイント/シャフト/海外
業種 自動車
輸送機器/金属製品/機械/機械設計
本社 東京

先輩社員にインタビュー

エンジニアリング部
味田 拓也(25歳)
【出身】日本工業大学  工学部 機械工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 社内、社外のプロペラシャフトなどを試験機にかけて、そのデータを取る仕事
現在は自動車部品の設計部門で、部品の設計時に必要なデータの測定作業を担当しています。
例えば、乗用車に組付くシャフトの測定や、上級グレード車のハンドル位置調整に使われるステアリングコラムの中にあるテレスコピックのフリップトルク測定等です。
測定作業は種類も多く、期間も半日程度のものから最長で2ヶ月かかるものなどを扱っています。
測定結果が思うように出ない時ももちろんあり、その原因を探すことに手間取ることも・・・
そんな時は、自分のミスがないかを確認するだけでなく、先輩や上司に相談して解決するようにしています。
この仕事は、自社の製品だけでなく、他社の製品なども比較として実際に触ることができるため、いろいろ学べる環境だと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
元々車が好きだったが、もっと内部的なことを知れた!
会社に入る前から車が好きで、車に関係する仕事に就きたくてこの会社に入りました。
車が好きでいたものの、内部的な詳しい構造はあまり知りませんでした。
就職して車の部品を作る立場になり、初めてプロペラシャフトやテレスコ等の動きや性能について詳しく知ることができ、車に乗っているだけでは知り得なかった知識が増え、より車が好きになったと思います。
また、”車を作る”ということはこんなにもたくさんの会社が絡んでいて、そのたくさんの関わる人達が頑張って車がやっと完成するんだと改めて実感しました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 面接時、自分の今までやってきたことに興味を持っていただけたから
就職先は基本的に車に関係する仕事を希望していたため、就職活動では車のあらゆる部品会社の説明会へ行き、面接を受けていました。
その中で、松井製作所は就職エージェントの方に紹介してもらい、自分のやりたいこと等とあっているので是非受けてみては?と進められたため、選考を受けました。
そして選考が進むうちに、段々と松井製作所に興味が湧いてきて、最後は会社の方から速攻で採用の知らせが来た時に、「こんな自分でも是非うちにと必要にしてもらえるんだな…!」と嬉しくなり、必要とされてるところで頑張りたいと思い、この会社に決めました。
 
これまでのキャリア 検査課→技術課→設計→技術課→試作課(1年半)
技術課(2年目)
試作課、現場(3年目)
試作課→設計(4年目)

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

内定をもらうにしても、そこが本当に自分がやりたい仕事のある会社か、自分がこの先働き続けていくことができる会社かよく考えて、焦らずに就職活動しましょう。

株式会社松井製作所の先輩社員

生産管理。工場の生産計画の立案や生産ラインの進捗を管理する業務

茨城製造部 生産課
中西 直哉
学習院大学 法学部 政治学科

車のドライブシャフトに使われる金属部品の圧入・溶接作業

茨城製造部 製造課
匿名希望
足利工業大学 工学部 創生工学科

自動車部品の生産管理

茨城製造部 製造3課
佐藤 孝祐
中央大学 理工学部 精密機械工学科

製品の設計。製図や製品の調査など

エンジニアリング部
中村 洸斗
日本大学 生産工学部 機械工学科

部品の製造。部品の試作。

茨城製造部 技術課(試作)
匿名希望
日本工業大学大学院 工学研究科 機械システム工学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる