株式会社松井製作所マツイセイサクショ

株式会社松井製作所

自動車部品/自社開発/一貫生産/ジョイント/シャフト/海外
業種 自動車
輸送機器/金属製品/機械/機械設計
本社 東京

先輩社員にインタビュー

茨城製造部 製造課
匿名希望(28歳)
【出身】足利工業大学  工学部 創生工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 車のドライブシャフトに使われる金属部品の圧入・溶接作業
加工された金属部品を融接(電気や火等の熱で溶かして接合する方法)する仕事をしています。
この作業は1本あたり3~5分程度かかり、1日あたり約100本程作業しています。
融接作業は接合しようとする部分の狙った位置から3~5mmズレてしまうだけで”不良品”となり、製品にならなくなってしまう、集中力と根気のいる作業だと思います。
ただ、それだけ緻密で繊細な作業なので、自分の想像どおりに融接できたり、スムーズに作業が進んだ時には、以前より成長した!と感じたり、達成感や充実感を感じます。
一人で集中して行う作業なので、細かい作業が好きな人には面白い作業だと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ものづくり現場ならではのやりがい
溶接の仕事では図面を見ながら行うことが多く、難しい作業が少なからずあります。
例えば、始めて2~3ヶ月頃は間違えた部品を溶接してしまったり、溶接狙い位置をズレたまま溶接したことがありました。
また、溶接部品には類似品が多く、部品の品番を覚えることが難しかったです。
自分がミスをしたことで、他部署で”良品”として仕上がっていた部品をあと一歩のところで”不良品”にさせてしまったことが悔しかったです。
これ以降は、先輩や上司に第三者チェックを行ってもらい、次第にミスが少なくなると、スムーズに作業を進めることができるようになりました。
目に見えて”仕事ができるようになった”と感じることが多くなり、嬉しかったです。
やはり、ものづくりが好きなので自分の手で作り上がった部品を見るとやりがいを感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 特許製品を製造していることが魅力的でした!
もともと車の製造に関わる仕事がしたいと思い、就職活動をしていました。
松井製作所は他社と違い、「金型」から部品の製造を行っているため、製造ラインが止まりにくいと思い、この会社に決めました。
 
これまでのキャリア 設計(半年)→技術課(3年)→製造ライン(1年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分の持っている資格※が活用できることをアピールすることも有効かと思います。
※自分の場合は「アーク溶接」、「ガス溶接」が役立っています。
就活生の皆さん、頑張ってください!

株式会社松井製作所の先輩社員

生産管理。工場の生産計画の立案や生産ラインの進捗を管理する業務

茨城製造部 生産課
中西 直哉
学習院大学 法学部 政治学科

社内、社外のプロペラシャフトなどを試験機にかけて、そのデータを取る仕事

エンジニアリング部
味田 拓也
日本工業大学 工学部 機械工学科

自動車部品の生産管理

茨城製造部 製造3課
佐藤 孝祐
中央大学 理工学部 精密機械工学科

製品の設計。製図や製品の調査など

エンジニアリング部
中村 洸斗
日本大学 生産工学部 機械工学科

部品の製造。部品の試作。

茨城製造部 技術課(試作)
匿名希望
日本工業大学大学院 工学研究科 機械システム工学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる