朝日土木株式会社アサヒドボク
業種 建設
建築設計
本社 三重
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

営業部
中野 真人(31歳)
【出身】四日市大学  総合政策学部総合政策学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 国道の道路拡幅のための工事現場を担当しています。
現在、桑名市多度町を通る「国道258号線」の道路拡幅のための建設工事(舗装工事や橋梁下部工事、擁壁工事)の現場に携わっています。約半年の工期で、工事費としては2億円程度の規模の工事です。その現場において、私は協力会社への指示出しや現場の測量などの業務を担当しています。まだ入社2年目ということもあり、現場では職人さんに教えて頂くことの方も多くあり、分からないことの方が圧倒的に多いのが現状です。しかし、「分かりやすい指示だせるようになったな」など、声をかけてもらえることも多くなってきており、日々充実感を感じながら、業務に携わっています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の段取り次第で、スムーズな現場運営が決まる!
入社2年目ということもあり、知識や経験がまだまだ不足していると感じることが多いのですが、日々成長を実感できるのも事実です。現場において、自分の知識の無さや確認不足からミスをしてしまうこともあります。しかし、物怖じせずに「分からないことは色々な人に聞く」ということを心掛けることで、出来ることが多くなってきました。実際に、自分の段取りの良さで、全体の仕事も早くできる時もあり、その時の達成感は嬉しいものがあります。今後はもっと、知識や経験をつけて、より円滑に現場がまわるような技術者になっていきたいと思っています!
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 文系出身の学生も育てていくという会社の想い
文系出身ではありましたが、その仕事の規模の大きさに惚れて、「土木業界」に進みたいと思っていました。また、地元三重のために仕事ができる会社で働きたいという想いもありました。その中で、朝日土木は文系出身の学生も募集しており、育成していくというを知り、会社説明会に行きました。実際にお会いした人は皆優しく、一人前に育てていくという想いもぶつけてくれ、「この会社で働きたい」と思ったことが朝日土木を選んだ決め手でした!
 
これまでのキャリア 入社後研修を経て、現在の「工事部工事課」へ

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分が納得できるまで、やりきった方が絶対に良いです!そのために、「自分のやりたいこと」を明確にして、興味を持った企業の会社説明会に行き、自分の想いをぶつけていった方が良いと思います。決して後悔はしないように、会社の規模に捉われず、真っ直ぐにぶつかっていってください!

朝日土木株式会社の先輩社員

土木工事の現場監督です。

工事部技士長
山下瑞喜
名古屋工業大学 工学部 社会開発工学科

下水道処理施設などの公共工事の現場管理。

工事部技士長
樋口雄介
愛知工業大学 工学部 土木工学科

地域にとって大切な耐震補強工事に携わっています。

工事部工事長
松田 知大
近畿大学 理工学部土木工学科

中勢バイパスの擁壁を作っています。

工事部工事長
稲垣斉法
名城大学 理工学部 建設システム工学科

「東海環状道路」に携わる、“地図に残る”を担当しています。

工事部工事長
桑原 佑司
名城大学 理工学部 建設システム工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる