奥友建設株式会社オクユウケンセツ

奥友建設株式会社

名監督、街づくり、建設インフラ
業種 建設
設備・設備工事関連/鉄道/不動産/その他製造
本社 兵庫

先輩社員にインタビュー

工事部
宮前 良平
【出身】京都建築大学校  建築専攻科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 誤差のない正確性が問われる仕事です
現在、私は宅地造成の現場で主に測量を行っています。まず宅地造成とは農地,山林,原野などを宅地に転換して整地,あるいは沼沢地や水面を埋立てるなどして住宅,工場などの建築敷地や市街地用地を造り出すことです。測量では土地の位置、高さ、長さ、面積等を測っていきます。あらゆる建設工事において、まず最初に行うのが測量です。そのため誤差のない正確性が要求されます。さらに社会的にも重要かつ、責任のある仕事です。一日の始まりは朝礼から始まり、その日の作業内容の確認、注意事項の説明をします。その後は実際に測量をしていきます。そして、一日終わりに次の日の仕事内容と、予定人員の確認を行い、準備をしてその日の仕事を終えます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分たちの力で街を作っていく
うれしいと思うことは、測量を行い土地の位置や高さを自分たちで測量をし丁張を立て、それを元に作業してもらい構造物の擁壁や街渠が完成した時です。初めのうちは丁張が間違っていたり、計算が違っていたりして指導を受けたりしましたが、自分たちで考えて動くことで徐々にできるようになっていき、設計通りに完成したときの達成感は忘れられません。また自分たちの施工した場所が地図に載り、家が建ち、人が住むことで街となっていくことに誇りを感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分らしく、伸び伸びと仕事ができる社風
学生時代、私は建築の学校で建築を学んでいてこのまま建築関係の会社に就職したいと思っていましたが、就職活動をしていく中で人が生活していくのに必要だったり便利になるような街づくりがしたいと思い、今まで学んできた建築だけではなく、新たな分野の土木に挑戦しようと思いました。その中で奥友建設の、自分らしく伸び伸びと仕事ができるような社風に惹かれ入社を決意しました。
 
これまでのキャリア 施工管理職(3年目) 大卒2019年入社

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動中は色々なことにたくさん悩むと思います。そこで家族や先生、先輩方に相談することが必要だと思います。就活はいかにマイペースでできるかが大切です。自分に合った会社を見つけることこそが就活であり、内定をたくさんもらうことが就活ではありません。これから就活するにあたり、たくさん辛いことを経験すると思います。でも、その経験が絶対に自分の為になります。そして、自分の正直な気持ちをぶつければ自ずと結果もついてきます。

奥友建設株式会社の先輩社員

測量が一番大事

工事部
山中 皓介
関西学院大学 文学部 文化歴史学科

1人では成り立たない仕事

工事部
福山 恭平
大阪商業大学 商学部 商学科

地下鉄の新設工事

工事部
奥田 泰覇
京都産業大学 法学部 法律学科

地下を有効活用するための工事を監督

工事部
中村 慎太朗

土木工事の施工管理などの管理業務

工事部
橋本 龍一

工事現場の現場監督

工事部
前田 将平

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる