南海通運株式会社ナンカイツウウン

南海通運株式会社

センコーグループ
業種 海運
陸運(貨物)/倉庫/コンサルタント・専門コンサルタント/その他サービス
本社 大阪
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

国際事業部 通関課
伊佐 真一(45歳)
【出身】佛教大学  英文学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 商品の輸出入を行う企業の代わりに税関官署へ申請し、配送の手配をする仕事
輸出入を行う会社にとって、通関士は欠かせない存在です。なぜなら、海外の企業と取引するにあたり、税関手続きは避けて通れない作業だからです。通関士の仕事を通してさまざまな商品に触れるうちに、貿易に関する専門知識やスキルはもちろん、商品知識も身につきます。また、自分が通関した商品を日常生活で目にする事もあり、そのような時は国際的な物流の仕事をしているんだと実感できると思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
貿易のプロフェッショナルとして幅広く活躍できる
通関士は輸出入に関する手続きや書類作成の代行をすることが多いため、海外情勢や国際取引に関する知識も求められます。貿易に関する規制や世界情勢は変化し続けており、通関士は常に最新の情報を入手し、知識を広げていく努力が欠かせません。例えば経済連携協定(ASEAN協定,TPP11協定,EU協定)の締結により原産地規則が多様化し専門的な知識が必要です。また10年前と現在では税関に提出する書類の簡略またペ-パ-レスで通関のスピ-ド化が進んでいます。国際的な仕事に関心がある人ならやりがいのある仕事です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 海外に支店があり貿易のプロとして幅広く活躍ができると思ったため
通関 運送 倉庫 フオワ-ディング と国際物流に必要なハード面が整っていたためです。例えば大手企業では部署ごとの仕事、通関部署ならば輸出通関のみ輸入通関のみと仕事の区分けがありますが、輸出入通関、運送、 倉庫と総合的な仕事ができるということに魅力を感じました。又、通関士の資格を取得していたので自分のスキルを活かせると考えたためです。
 
これまでのキャリア 通関課(現職 今年で15年目)

この仕事のポイント

職種系統 一般事務・営業事務
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル ニッポンを飛び出して、海外の人と働く仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は、自分がしたいこと(大切にしたいこと)が何か、ということをじっくり向き合って考えそれを行動に移してしていくことだと思います。できるだけたくさんの会社の説明会に参加して、自分のやりたいことができる会社かどうか見極めてください。人生の中で、仕事が占める割合は思っている以上に大きいと思います。納得いくまで自分の会社を探してください。

南海通運株式会社の先輩社員

海上輸入貨物の通関から納品までを担当。

国際事業部 通関課
徳永 かのこ
立命館大学 国際関係学部 国際関係学科

輸出入される貨物の通関業務と配送・納品の手配まで

国際事業部 通関課
匿名
同志社女子大学 学芸学部国際教養学科

貨物の物流手配

国際事業部 営業推進課
匿名

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる