株式会社ダイキンアプライドシステムズダイキンアプライドシステムズ

株式会社ダイキンアプライドシステムズ

(DAIKIN APPLIED SYSTEMS CO.,LTD.)
業種 プラント・エンジニアリング
設備・設備工事関連/建設
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

設計本部 東京第三設計グループ
T・K(26歳)
【出身】東洋大学  理工学部 機械工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 様々な環境を創りだす設計
私は、主に環境試験室の設計を担当しています。環境試験室とは、例えば熱帯や砂漠、標高の高い山の上など、地球上の特定の環境を再現する部屋のことです。自動車などのエンジンが、過酷な環境にも耐えられるかを試験するための部屋の設計などを行っています。
まずは、引き合いをいただいてから、お客様と設計条件の打ち合わせを行い、最適だと思われるシステムを設計して見積とともに提案します。受注が決まったら機器、配管、ダクトなど何を使用するか、どこに設置するか等の詳細設計を行い、工事担当者へ設計内容を引き継ぎます。工事終了後には、その性能がお客様の条件を満たしているかを確認するために試運転をします。私が担当している環境試験室の工期は1年~1年半と長い案件もあり、すべてが完了したときには大きな達成感があります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
初めて自ら設計した環境試験室が完成したとき
入社1年目に初めて環境試験室の設計を手掛けました。高温で発熱するエンジンがある試験室を冷却して25℃±5℃に保つという環境条件を満たす設計を行うのですが、機械やシステムについてもわからないことだらけで大苦戦しました。たくさんの先輩方に教えていただきながらなんとか設計図を仕上げました。工事完了後は一人で試運転を担当することになり、そこでも苦労の連続でした。でも、それだけにとても印象に残っていますし、この経験があったからこそ、今では自信を持って試運転に対応できるようになりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き オーダーメイドのものづくりだから、常に新しい設計に挑戦できる
大学で機械工学を学び、就職も機械系に進みたいと思っていました。初めは完成車メーカーや部品メーカーの会社説明会を受けていました。ひとつのものや技術に特化しているのは魅力的でしたが、自身の志向を考えたときに、色々なことに挑戦できる仕事に就きたいと思い始めました。そこで研究室の教授に相談したところ、勧められたのが建築業界でした。建築業界に機械の知識が活きるとは意外でしたが、当社に出会ってクリーンルームや環境試験室といった特殊な設備を造っていると聞き、「ここなら常に新しいことに挑戦できる!」と感じて入社を決めました。
 
これまでのキャリア 技術研修(3ヵ月)⇒本配属・エンジニアリング本部東京第三設計グループ(環境試験設備の設計・現職:4年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 最後まで自分でやらないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は、情報収集と思い切ったチャレンジがとても重要だと思います。仕事に必要な知識やスキルは入社してからでも間に合いますし、会社側もやる気や人間性を重視していると思います。だからこそ、少しくらい足りないところがあっても、勇気を出してやりたい仕事、入りたい会社に挑戦してみてください。辛いこともあるかと思いますが、後悔だけはしないよう、明るく前向きに頑張ってください。

株式会社ダイキンアプライドシステムズの先輩社員

医薬品工場の新築工事の施工管理

工事本部 大阪第二工事グループ
T・I
近畿大学 農学部 環境管理学科

空調設備の修理・整備対応

東京支店北関東サービスグループつくば営業所
R・H
大阪工業大学 情報科学部 コンピュータ科学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる