株式会社片山化学工業研究所
カタヤマカガクコウギョウケンキュウショ

プレエントリーとは、「御社に興味があります」という意思表示です。エントリーシートの提出締切や説明会・面接開催情報を企業から受け取ることができます。

  • 正社員
業種
化学
その他製造/その他サービス
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

片山化学工業研究所は、独自の科学技術を産業発展と環境保全の調和を図るために駆使、応用してきました。さまざまな産業分野において限りある地球上の資源を有効に利用するために、水の化学を核に技術貢献しています。また、中核である水処理事業から新たな事業へ発展し、海洋・住環境・環境計量などの分野において、環境と、安全・安心に配慮した製品と技術サービスもお届けしています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

有限な資源の有効活用による地球環境への貢献

当社は、1908年に会社を創業して以来、長年にわたって産業界へさまざまな製品や技術・サービスを提供してまいりました。当社が提供するのは水・土・樹・石油・鉱石といった有限の資源を無駄にすることなく有効利用できるようにし、なおかつ生産性も向上するような技術や製品、サービスです。お客さまとなる企業が環境経営を行い企業としての発展と自然環境との調和の両立を図ってもらうことが当社の大きな使命だと考えています。また、間接的にではあるものの、地球環境を守るための仕事だといえるでしょう。表立って活躍するわけではありませんが、多くの企業を支えるのが当社の役割です。

待遇・制度

社員の育成・成長が当社の鍵!将来を担う人材を育成

当社では、社員を育成し、成長してもらうことを大切しています。そして、成長の機会を提供するために、新入社員研修や営業スキル研修、水処理技術に関する基礎研究、階層別研修など幅広い研修を用意しています。また、資格取得費用の補助やOJTによる教育などの制度も整備しているため、仕事で必要となる知識や技術をしっかりと身につけることが可能です。当社は化学製品を主に扱う会社ですが、文系の方や化学知識がない方でも入社後に研修などを通して学べるため、どんどん応募してください。そのほかにも、当社では社宅を整備しており、家賃の補助もあるなど従業員が働きやすい環境が整っています。

採用方針

受け身にならず自ら考えて積極的に行動できる人

私たちが採用にあたって大切にしていることは、専門的な知識や経験ではなく、自ら考えて行動できるかどうかということです。仕事に対して受け身になるのではなく、自分で考えてなにをすればいいのか考えられる、相手がなにを求めているのか考えられるということは非常に大切だと考えています。また、どのような仕事に対しても積極的にチャレンジし、最後まで取り組める人、なにごとに対しても誠実に取り組める人なども当社の社風に合っていると思います。スキルの有無は関係ないため、入社後に意欲的に仕事や勉強に取り組める人からの応募も大歓迎です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆総合職(研究開発/技術サービス )
片山ナルコ株式会社の顧客向け技術サービスの提供および開発、養殖魚内の寄生虫駆除剤の研究開発、その他防腐・防蟻製品、工業用消臭剤の研究開発などを行っていただきます。

会社データ

事業内容 ・研究開発/技術サービス
・片山ナルコ株式会社の顧客向け技術サービスおよび開発
・養殖魚内寄生虫の駆除剤の研究開発
・最新の分析機器を用いたさまざまな分析
など
設立 1956年12月
資本金 9800万円
従業員数 215名(2021年3月現在)
売上高 62億5,800万円 (2020年3月実績)
代表者 代表取締役社長 野村 安宏
事業所 本社:大阪府大阪市東淀川区東淡路1丁目6番7号
綾部工場(京都府綾部市)、鹿嶋分析センター(茨城県鹿嶋市)、和歌山営業所(和歌山県和歌山市)、九州営業所(福岡県北 九州市)あり
沿革 1908年(明治41年)
片山製薬所として創業、医薬用薬品製造業を開始する。
1928年(昭和3年)
一般工業薬品および清缶剤・ボイラペイント等を製造し全国的に販売を行う。
1931年(昭和6年)
片山化学工業研究所を創設。
1932年(昭和7年)
「Die miracle」(筆記体)を商標として使用開始する。
1945年(昭和20年)
戦災で事務所や工場を罹災する。
1946年(昭和21年)
工場を再興し、業務を再開。新製品の研究開発および販売を行う。
1951年(昭和26年)
「MIRACLE」を商標として使用開始する。
1956年(昭和31年)
株式会社に組織を変更し設立。
1960年(昭和35年)
伊丹市に伊丹工場を建設。
1961年(昭和36年)
照栄化工株式会社を設立。
1962年(昭和37年)
工事部門を設けボイラ、熱交換器および配管等の化学洗浄工事を開始。
1963年(昭和38年)
本社所在地に試験研究所を新設。
1970年(昭和45年)
研究所を増設、最新の分析機器を設置、研究設備の充実を行う。
1972年(昭和47年)
淀川工場を建設、生産態勢の充実を図る。
1974年(昭和49年)
伊丹工場を増設、生産部門の充実合理化を行う。  
1975年(昭和50年)
本社所在地に食堂・研究・図書室を増設、福利厚生及び試験・研究の充実を図る。  
1976年(昭和51年)
環境計量証明事業申請により大阪府第 10019 号の登録証を取得する。  
1979年(昭和54年)
淀川工場を増設、生産部門の充実合理化を行う。
1981年(昭和56年)
本社屋を改築、同時に研究室を拡張、充実を行う。
1983年(昭和58年)
三国工場を建設、生産部門の拡充を行う。
1987年(昭和62年)
ボイラプラント水処理剤「ミラクルシャン」、(財)省エネルギーセンターより「 ‘87 省エネルギー優秀製品賞」受賞。
1989年(平成元年)
第二研究所を新設し、研究態勢の充実を図る。
1996年(平成8年)
綾部工場を新設、製造部門を統合し生産部門の充実合理化を図る。
1998年(平成10年)
「ISO-9001」認証取得。( JQA-2929 )  
2002年(平成14年)
綾部工場「ISO-14001」認証取得。( JQA-EM 2299 )
2004年(平成16年)
合弁販社 片山ナルコ株式会社 を設立。
2005年(平成17年)
本社を移転。分析センター、技術開発センターを拡張し、研究所としての拡充を図る。
2006年(平成18年)
大阪分析センター「ISO/IEC17025」の試験所認定を取得。( JAB Testing RTL03940 )
2009年(平成21年)
白浜海洋試験室を開設。
2015年(平成27年)
綾部工場ならびに倉庫を増設。

連絡先

株式会社片山化学工業研究所
〒533-0023
大阪府大阪市東淀川区東淡路1丁目6番7号 
管理本部 総務部 人事労務チーム
TEL:06-6321-7310
Email:jinji@katayama-chem.co.jp
掲載開始:2022/01/31

株式会社片山化学工業研究所に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社片山化学工業研究所に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリー候補数が多い企業ランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

※リクナビ2023における「プレエントリー候補」に追加された件数をもとに集計し、プレエントリーまたは説明会・面接予約受付中の企業をランキングの選出対象としております。

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)