オリエンタル技研工業株式会社
オリエンタルギケンコウギョウ
2023
業種
精密機器
設備・設備工事関連
本社
東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

1978年創業のオリエンタル技研工業は、エンジニアリングとデザインのチカラで研究環境を整備する会社です。「感じるラボへ。」をブランドスローガンに掲げ、ラボが変われば未来が変わる。ラボからすべては変えられる。を信じて、「五感を刺激し、誰もが自由に交流でき、ワクワクしながら研究に没頭できる環境づくり」で未来の変革に貢献しています。

当社の魅力はここ!!

魅力的な人材

エンジニアリングとデザインのチカラで研究環境を整備します!

オリエンタル技研工業は、研究施設の建築設計や研究施設のリノベーション、研究設備機器の開発・製造を手掛ける企業です。いつの時代も世の中を先導するのは研究者であり、世界を変えるのは研究のチカラであると考える当社では、エンジニアリングとデザインのチカラで研究環境を整備してきました。「幸せな未来を創造するひらめきの瞬間のために」をビジョンに掲げ、研究者がワクワクしながら新たなイノベーションに挑戦できる、「研究者に理想的な研究環境」を提供しています。それはラボが変われば未来は変わると信じているから。私たちの想いに共感し、社会をより豊かにするための変革に一緒にチャレンジしてくれる仲間を待っています!

事業優位性

建築からカルチャーづくりまで対応できる一貫体制が強み!

当社の強みは研究施設のイノベーション環境整備を一貫して対応できるところにあります。事業計画・実施計画などのコンサルティングから、建築設計、設備・機器の開発・製造、施工・保守管理までを徹底サポート。業界随一の対応力で、建築からカルチャーづくりまで、研究環境の構築を総合的にプロデュースしています。新型コロナ対策製品としてテレビにも取り上げられた「陰圧クリーンブース」をはじめ、サステナブルなデニムラボウエアなども販売。「安全性」「機能性」「エルゴノミクス(人間工学)」に優れたこだわりの当社製品は、グッドデザイン賞を数多く受賞しています。

会社データ

事業内容 研究施設・設備の総合エンジニアリング
研究施設の設計、研究施設のリノベーション、研究設備機器の開発・製造
研究施設の作業環境測定、研究設備機器のメンテナンス
設立 1978/10/13
資本金 1億円
従業員数 179名(2020年10月1日時点)
売上高 75億円(2019年9月)
代表者 代表取締役社長 林 正剛
事業所 【本社・東京営業所】東京都千代田区神田錦町2-9 コンフォール安田ビル
【つくば支店】茨城県つくば市緑ケ原4-19-1(テクノパーク豊里工業団地)
【仙台営業所】宮城県仙台市青葉区本町1-11-1 HF仙台本町ビルディング
【神奈川支店】神奈川県藤沢市藤沢386-1 F.I.C富士ビル新館
【静岡営業所】静岡県静岡市葵区栄町3-9 朝日生命静岡ビル
【名古屋営業所】愛知県名古屋市中区栄5-28-12 名古屋若宮ビル
【大阪支店】大阪府大阪市淀川区西中島3-23-15 セントアーバンビル
【福岡営業所】福岡県福岡市博多区博多駅南2-1-5 博多サンシティビル
【プロダクションセンター】茨城県つくば市作谷3453-5
【X/S(エクシーズ)】茨城県つくば市緑ケ原4-19-1
【技術研究所】茨城県つくば市緑ケ原4-19-1
 
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)