株式会社ボンフォーム
ボンフォーム
2023
業種
その他製造
本社
岐阜
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

~カーライフを通じて、毎日をより楽しく、ワクワク、快適なものに~を モットーとするボンフォームは、カーインテリアの総合メーカー。 新しい時代のカーインテリアの牽引役として、 様々な企画の製品化にチャレンジして来ました。 カーインテリア事業において、圧倒的シェアを獲得。さらに変化するカーライフの今後に向け、環境、健康、機能性に向き合った商品開発やECサイトの強化など、積極的な事業拡大を進めています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

品質、スピード感、アイデアで、国内トップクラスのシェアを獲得

カーインテリア事業をスタートさせて40年以上になる当社。社員数約80名ほどの規模ながら、企画から生産、販売、物流までをすべて自社で行っているのが特徴です。そのため、「やりたい」と思った事はすぐに実行に移せるスピード感があり、業界に先駆けた製品の開発や、オリジナル商品を販売したいお客様からも多くのニーズをいただいています。また、機能性と品質に拘り抜いた製品で多くのファンを獲得しており、年2回の展示会では九州・沖縄から北海道まで、全国から岐阜本社へ足を運んでいただいているほど。さらには20年、30年と取引のある海外の生産工場のお陰で、情勢にほとんど左右されることなく安定した生産、供給も実現しています。

仕事内容

企画・営業が一体となって行う、市場ニーズに合わせた製品開発

カーインテリアにおいて、「こんなものがあったらいいな」を実現させる事が私たちの使命です。女性・高齢者・初心者、愛好者、職業ドライバー。様々なユーザーのあらゆる運転シーンを踏まえ、お客様目線での開発をモットーにした製品開発に取り組んでいます。大切なのは鮮度の高い市場情報の収集・分析。営業による量販店のお客様の声や、販売傾向などの情報は、商品企画に共有。新製品の方針決定は営業の意見も取り入れて検討するなど、現場の声が活かされる仕組です。そうして生み出されたヒット商品は多々。競合の追随を許さない圧倒的な企画力・デザイン力を土台に、機能・環境・健康など、あらゆる視点での新製品がカタチとなっています。

社風・風土

現場第一!良いと思えば即採用のスピード感で、活躍の機会多数

多くの20代、30代の若手社員が中心となって活躍しています。より新しい情報・マーケットの動向を掴み、新しいニーズを発掘、商品に反映させるプロセスにおいて、若い感性が活かされるシーンは多々。アイデアの良し悪しに、社歴や年齢は関係ありません。よって、早い段階から実践的な業務を経験する事が可能です。例えば展示会に向けた新製品の商品化も経営の決済が不要。現場主導で良かれと思う事は早いスピードでどんどん判断し、チャレンジを進めます。先輩社員は仕事もオフもコミュニケーションを楽しむ事を大切に考える人ばかり。あなたの成長やチャレンジを先輩社員みんなで応援します。私達と人と車の未来の有り方を考えてみませんか?

会社データ

事業内容 ※創業60年の実績を誇るカーインテリア用品メーカーです。
今までもこれからも車社会の変化に先駆けた、新たなカーライフを提案します。

■自動車用繊維製品の企画・製造卸販売
■室内装飾製品の企画・製造卸販売
■アウトドアレジャー用品の企画・製造卸販売
■ジュニアシート販売

クッション、シートカバー、カーマットなどのカーインテリア商品の製造・販売を通して、多くのドライバーの快適なカーライフをサポートしています。また、海外の有名キャラクターとの提携などにいち早く着手し、ファンの獲得を実現。1000以上に及ぶ豊富なアイテムを、全国のカー用品専門店やホームセンター等に提供しています。
設立 1959年(昭和34) 4月2日
創業:1950年(昭和25) 8月
資本金 4050万円
従業員数 82名
売上高 30.2億円(2019年1月期実績)
30.4億円(2020年1月期実績)
代表者 代表取締役社長 西脇 崇史
事業所 ■本社・工場
岐阜県安八郡安八町南今ヶ渕640-1

■東京営業所
東京都台東区寿2-9-1 ウッドトイズビル3F

■福岡営業所
福岡県大野城市筒井4丁目4番27号 グランドゥール101

■札幌連絡所
札幌市豊平区月寒東1条1-16
主要取引先 株式会社オートバックスセブン、株式会社イエローハット、株式会社タクティー、DCMホールディングス株式会社、株式会社カインズ、株式会社オートアールズ、株式会社ジョイフル本田、株式会社千趣会、株式会社ニッセン、林テレンプ株式会社、JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)
【新型コロナウイルス感染症への対応】 ※来社時のマスク着用、消毒、検温と徹底した感染対策を実施。
※希望者にはZOOMなどを活用したオンライン説明、面接などの実施をしています。
多数の受賞歴がある商品、その一部をご紹介! ■日刊自動車新聞用品大賞2020「アイデア部門賞」受賞
■日刊自動車新聞用品大賞2018「アイデア部門賞」受賞
■月刊Car Goods Magazine2月号「カーグッズオブザイヤー2017」受賞
その他受賞実績多数!

市場の声をダイレクトに反映した商品開発力がボンフォームの強み。ニーズの大小に関わらずマーケットの声に耳を傾け、確かな品質をもって形にすることで、幅広いお客様から支持され続けています。
キャラクター商品の販売にも着手した先見性! カー用品と言われると、黒や茶色であったり、逆にとてもカラフルな商品が多いというイメージもあるのではないでしょうか。
実は当社は、人気キャラクターとの提携にも業界でいち早く着手し、女性や同乗するお子様をターゲットにした可愛らしい商品展開でもヒットを飛ばしています。
他にもスポーツチームとのコラボレーションを行い、新たなファン層も次々と獲得しています。
社長・西脇の想い 当社の創業は60年前。元々は住宅インテリアの会社としてスタートしました。
時代が変わり、自家用車の普及に合わせてカーインテリア事業に舵を切って以来、業界の第一線を走り続けています。

車をとりまく環境は、ここ数年でさらに変わろうとしています。車中泊やアウトドアなどの流行だけでなく、テクノロジーが着実に進化し、車の完全自動運転化も現実味を帯びてきました。車が単なる移動手段ではなく、個人のプライベートな空間としての意味合いをより強めていくことで、今まで以上に快適なカーライフも求められていくことが予想されています。
カーインテリア業界のパイオニアとして、常に世の中の流れに目を向け、時代に合った商品を世に送り出していくことが、私たちの使命だと考えています。
ボンフォームの未来~これからの事業戦略~ ■ECサイトの強化
今、市場では通信販売がその需要を高めています。ボンフォームもお客様のご要望に応え、通信販売事業にももっと力を入れていこうと考えています。

■環境問題への取り組み
水素カーや電気自動車など、業界全体が環境問題に取り組んでいます。ボンフォームもそれを受け、環境に優しくリサイクル可能な素材や、ゴミの少ないパッケージなど、新しい製品開発や取り組みを進めています。

■海外への販売強化
現在、国内での展開がそのほとんどを占めていますが、今後はアメリカや中国、東南アジアなどにも市場を拡大していきたいと思っています。
実は、カーインテリア業界が一番盛り上がっているのは日本です。安定した需要があるために国内での展開をメインにしてきましたが、日本の車が海外でもたくさん買われていることを踏まえると、需要は決してゼロではありません。
通信販売事業の拡がりと共に世界にも目を向けることで、海外の生活に適した商品の開発など、新しい領域を目指していきたいと考えています。

■自動運転に向けた商品開発
自動運転化が進むにつれ、自動車は移動手段から個人の空間へと変貌していくでしょう。それに伴い、車内の快適さはもっと求められていくに違いありません。これからもお客様の声にお応えするため、ボンフォームならではの「使ってよかった」を追い求め、業界でも革新的な商品開発やジャンル開拓を行ってまいります。
沿革 ※当社の沿革はカーインテリア用品におけるチャレンジの歴史です。
海外の人気のキャラクターとの提携に業界でいち早い着手をはじめ、様々な技術、設備投資、海外展開など、今までもこれからも時代と共に変化するカーライフをカーインテリア製品を通じて、牽引していきます。


1950年 大垣市藤江町にて代表者個人創業
1959年 会社設立資本金350万円、東京出張所開設
1960年 業務拡張のため大垣市三塚町にて本社建設、本社移転
1973年 業務拡張のためベルトコンベアシステムの鉄骨2階建て、延1,503m2の配送センター建設、旧西独ショーン社のロータリープレス設置
     資本金1,800万円に増資
     本社鉄筋コンクリート3階建て、延685m2竣工
1974年 事務の合理化のためバロース社の小型コンピュータ導入
1976年 資本金2,700万円に増資
      業務拡張のため鉄筋2階建、延2247m2の工場建設
1982年 業務拡張のためデザインセンター鉄骨2階建、延470m2竣工
1983年 キャラクター契約
1984年 配送工場・集中ピッキング場の増設駆動式ローラーコンベア→バッチレーターの接続による合理化
1985年 コンピュータシステム延反機2台導入
      T.S.S(トヨタソーイングシステム)ミシン導入
      バローズ社コンピュータA-3型を導入
1986年 フランス・レクトラ社CAD、CAM(レーザーカッター、ナイフカッター)導入
1989年 資本金4,050万円に増資・業務拡張のため本社事務所増設
1990年 札幌出張所を開設
1991年 日本ユニシス社のA-6型の導入・本社、東京営業所間のオンラインを開設
1992年 (株)ジュン製グラフィックデザインシステム4D-boxEPOの導入
     ボンバカンス レジャー用品を発売
1993年 福岡営業所を開設
     キャラクター契約
1995年 配送センターを拡張
1999年 (株)日本ホールマークと契約
     基幹業務管理システムの新システム導入・社内LAN確立
     サンビーノ ジュニアシート発売
2002年 メジャーリーグ(IMG Tokyo)と契約
2003年 仙台出張所を開設
2005年 ISO9001認証取得
2006年 中国現地法人 博福木(杭州)貿易有限公司 設立
2007年 業務拡張のため本社移転
     日刊自動車新聞 用品大賞 軽自動車部門賞受賞
     指定管理医療機器 製造販売認証取得
2010年 ISO14001認証取得
     新ブランド Vestito 販売開始
2012年 BCP策定運用開始
2013年 業務拡張のため本社敷地内にて物流倉庫鉄骨2階建、延1,650m2竣工
     NIKEフットボールブランド(IMG Tokyo)と契約
2014年 ドイツ・GOM社製 3次元形状測定システム 導入
2015年 フランス・レクトラ社製 DesignConcept Auto 導入
2016年 日刊自動車新聞 用品大賞 アクセサリー部門賞受賞
2017年 ISO27001認証取得
     Car Goods Magazine カーグッズオブザイヤー2017受賞
     NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンと契約
2018年 キーエンス社デジタルマイクロスコープ 導入
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)