株式会社宮内ミヤウチ

株式会社宮内

コスメティック製品のOEM
業種 化粧品
商社(化粧品)
本社 神奈川
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

開発部 開発1課
角浜 憲明
【出身】神戸大学大学院  理学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 メイクアップ化粧品の研究開発!処方設計から製品化までを幅広く担当!
アイシャドウ、アイライナーといったアイメイク品を中心に、ファンデーション、マスカラ、クリームなど幅広い化粧品の処方設計を担当しています。

お取引様のご要望に合わせて、色調や感触、機能性を調整することもあれば、自身で調合した試作品をお客様に提案することもあります。要望やアイデアを形に出来るように、原料に関する知識を増やしたり、他社の新製品やトレンドをチェックしたりする等、処方設計の引き出しを増やす努力をしています。

研究開発では思い通りの成果が得られないことも多いですが、試行錯誤した成果が実を結び、製品がお客様のもとに届いたときに、とてもやりがいを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
担当した製品が店頭に並び雑誌に掲載、口コミサイトで上位にランクイン!
ユーザーの方に喜んでいただけるのが一番の喜びです。

自分が処方設計した製品について、店頭でその製品を手に取ったお客様が「この色味きれいだよね~」と言っているのを偶然聞いたときは最高に嬉しかったです。

同時に、ユーザー目線でのものづくりの大切さを実感した瞬間でもありました。美容雑誌でも多数紹介いただいたほか、化粧品の口コミサイトでも1位と2位を独占したこともあります。

もちろん、好意的な評価ばかりでは無く、中には厳しいご意見、ご指摘も寄せられています。
こうした声をいかに次の開発に活かして、より多くのユーザーに喜んでいただける製品にするのかを考えるのも、研究開発職ならではの醍醐味であると思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 研究開発から量産化、出荷まで。一貫して携われることが魅力!
外装容器や量産機の設計も自社で行っており、ものづくりの全工程に触れることができるのが最大の魅力です。

商品の企画から開発、量産化、そして出荷に至る一連のプロセスを把握することで、容器の材質や量産機との相性、量産効率なども意識しながら処方設計に取り組めるようになりました。

このような広い視点を持って仕事をすることで、「ものを見る目」が豊かになったと感じています。

自分が普段何気なく使っている物も、ノウハウや技術の結晶なんだと気付いて感動することが度々あります。
 
これまでのキャリア 前職:大学研究員→当社へ転職:化粧品処方開発(6年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動だけで企業のことを理解することは不可能です。また、企業側も書類や数回の面接だけであなたのことを完全に理解することはできません。

面接では想定外の質問もあるかもしれませんが、普段通りの自分で選考に臨んで欲しいです。企業が一番知りたいのは、あなたの普段の「人となり」です。緊張するとは思いますが、緊張感の中で自分を保つ努力はできると思います。

どんな場面でも自分を保つ力が身につけば、就職後にきっと役立つはずです。

株式会社宮内の先輩社員

開発業務(社内自動機設計業務など)やプラスチック製品の評価などを担当!

開発2課(業務革新課)
芝崎 猛
東京工芸大学 工学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる