社会福祉法人 子の神福祉会ネノカミフクシカイ

社会福祉法人 子の神福祉会

富士見プラザ/フォンテーヌ鷺沼/有馬川・向丘はなみずき保育園
業種 福祉・介護
教育関連/その他サービス
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

施設サービス部
匿名希望(28歳)
【出身】旭川大学  短期大学部生活福祉学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 介助全般やサービスの提案、日々の生活を通して作られる信頼関係の増築。
日々、共に過ごしていく内に入居者・職員双方間に情が湧いていきます。

人と人だからこその織り成す様々なエピソードが、日々の生活の中にあり、それらを積み重ね、信頼関係を増築する事も勤めの内だと思っています。

認知症は、新しい景色に弱く、慣れた景色に安心感を得る傾向にあり、どのような形でも“関わりを続けること”で安心した生活を築いています。

加えて高齢者との関わりが私自身、好きでもあります。ほっこりしていて、優しくて、愛おしい存在です。

私の仕事は介助やサービスの提案を通して常に高齢者と関われる仕事なのです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
思い付きが入居者の生きがいとなり、周囲の誤信から救うきっかけとなった。
女性で新規の入居者様が、毎日「死にたい」と訴え、職員への暴力行為もありました。
職員の大半が怖がり「認知症だから」「危ない人」などを口にして、精神薬が検討されていました。
私はこの暴力行為が、人として当然の感情を持った入居者なりの遭難信号だと感じ、それを証明する方法を模索していました。
ある時、私が102歳の他入居者様を紹介した際に「おばあちゃん、凄いね。楽しそうに生活しているね」と喜び、それから毎日起床時には、自ら102歳の他入居者に握手を求めに行き、彼女の楽しみに変わっていました。
徐々に満面な笑顔が見られるようになり、精神薬も処方されず、平穏に暮らすようになりました。偶然見つけられたあの方の生きがいでしたが、あの満面な笑顔を見られたときの興奮は今でも忘れられません。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 入社してから人的資産が魅力の職場だとに気づかされていきました。
私は北海道からの転職組です。引っ越し先に、交通の便が良く、緑があり、子供が多いなど住み良い地域を意識して選びました。地元密着型の施設の為、入居者の住み慣れた地域の魅力について関心が持てます。
施設の魅力に気が付いたのは入社してからです。職員が若々しく温かい。入居者の笑顔が際立つ。リネン交換や物品補充などをして下さる補助職員がおり、専門職として集中できる環境がある。職員が経験年数の垣根を越えて、一人ひとりが意見を出しやすい環境がある。日々研鑚し数多の取り組みがある。
その為、前職で時間をかけて築いた取り組みは、全て既になされていたという事もあった。遠回りした様で、早くにここで働きたかったと体感しました。
 
これまでのキャリア 前職:北海道の特別養護老人ホームにて介護業務(4年間)→当社へ転職:介護業務(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 介護福祉士
仕事の中身 高齢化社会について考える仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 高齢者と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

約20年の間に心魂を傾けて、様々な困難を乗り越え、社会への一歩を踏み出そうとされている姿は大変立派であり、私自身敬意を表します。社会に入っても、常に自分がベースである以上これまでと大きく変わりはないのではないでしょうか。これからも壁にぶつかれど、長い長いトンネルに入っても、結局最後には乗り越えていくと信じています。命の炎を燃やし、自分と向き合い自分なりの答えを見つけ、より一層美しい姿へ成長を遂げる貴方様を陰ながら応援し楽しみにしております

社会福祉法人 子の神福祉会の先輩社員

特別養護老人ホームでの高齢者の介護

施設サービス部
中澤 貴之
田園調布学園大学 人間福祉学部人間福祉学科

介護のお仕事。お年寄りの生活サポート。

施設サービス部
中野
大妻女子大学 人間関係学部 人間福祉学科

介護福祉士として入居者様の生活に必要な介助全般を行っています。

施設サービス部
原 佳菜衣
川崎市立川崎高等学校 福祉科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる