ハシダ技研工業株式会社ハシダギケンコウギョウ

ハシダ技研工業株式会社

#自動ドア #オートドア #鉄道 #自動車
業種 金属製品
建材・エクステリア/機械/輸送機器/自動車
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

サブマネージャー
日高 広大(26歳)
【出身】摂南大学  理工学部 機械工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 サブマネージャーとして生産や材料・部品の管理
仕事の一部として、生産や材料・部品の仕入れの管理を行っています。必要なものを必要な時に必要な分だけ仕入れるようしています。これにより現場に不要なものが減っていき、最小限の在庫にすることにより、作業現場のムダなスペースを減らし、作業しやすい環境を心がけています。以下は一日のおおまかなタイムスケジュールです。
8:30 朝礼 メール・資料確認
8:40 仕入・発注・在庫状況確認
9:30  打ち合わせ (活動報告、仕入れ)
10:30 デスクワーク 収支管理 
13:00 5S活動パトロール
14:00 生産状況の確認
17:00 生産計画打ち合わせ
18:30 退社
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新しい事業を立ち上げ受注を頂いた!
これまで一番嬉しかったことは会社で新しく立ち上げた事業の研究・開発を任され、お客様より性能を認められ、受注をいただけたことです。何もかもわからない状態でのスタートとなったのですが、日々トライしては失敗を繰り返し、問題点を一つ一つ洗い出してトライしていくことには苦労しましたが、改善の可能性を見つけて挑戦していけたことはとても楽しく感じました。失敗してもいいから行動することが大切であると教えられ、多くの失敗をしましたが、大切な経験を学ぶことができました。最終的には受注として成果に繋げることができ、とてもやりがいを感じた経験でした。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 多くの技術を身に着けられると確信!
勤務地であった、名阪工場を訪問させてもらったときに、レーザー加工機、溶接機、プレス機、多数の設備を見たときに、ここであれば多くの技術を学べると思いました。また、若い方々が役職者として活躍されており、努力をして、実績として結果を残していると年齢関係なく評価されていることを知り、他の会社にはない魅力であると感じ、入社しようと決めました。また多数の会社と業務提携をし、現在25拠点ありボルトやナットの製造から、モータ、電子機器の製造など多業種の仕事に関わることも魅力です。また、人財の教育にも力を入れており、経営塾と呼ばれる役職者に必要な知識や考え方などを学ぶことができる講習会もあり、成長できる環境があると感じたのも入社の理由の一つです。
 
これまでのキャリア 検査2年⇒開発1年⇒サブマネージャー1年

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動ではいろんな業種の話を聴ける貴重な経験になると思います。とりあえず説明会に行ってみようではなく、自分がやりたいこと、自分の将来を想像しながら説明会に参加した方がより理解もでき、自分が進みたい方向性もわかってくると思います。面接でも自分自身が行動して経験してきたことをしっかりと話せるように準備しておきましょう。就職活動頑張ってください。

ハシダ技研工業株式会社の先輩社員

一番大きな工場で全体の管理

取締役
伊田 展充
関西大学 工学部 機械システム工学科

マネージャーとして新工場を軌道に乗せる

マネージャー
澤田 凌謙
大阪産業大学 工学部 交通機械工学科

営業として自社製品の自動ドアの営業

オートドア事業部
志岐 泰要
大阪産業大学 経済学部 経済学科

営業グループのリーダーとしてマネジメント

営業グループ
水野 満守
中部大学 工学部 電子工学科

営業として得意先を中心に問題解決の為に活動しています

営業・購買グループ
小坂 浩久
中京大学

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる