理研電線株式会社リケンデンセン

理研電線株式会社

古河電工GP/電線ケーブル製造/インフラ/環境保全
業種 非鉄金属
重電・産業用電気機器/その他製造
本社 東京、千葉

先輩社員にインタビュー

市島工場 プラスチック製品部
匿名(26歳)
【出身】愛媛大学  大学院理工学研究科 物質生命工学専攻 機能材料工学コース 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 発泡ポリエチレンシートの製造 ~製造ラインの管理者~
当部門は発泡ポリエチレン製品の製造を行っております。私は製造技術スタッフとして、製造ラインの稼働状況、生産性および製造品の品質の確認を行っております。いわゆる間接部門というもので、製造現場に対して指示を出すこと、また現場からの要望を聞いてそれに対応することが主となっております。日々の業務は、製造現場とのやり取りを円滑に行えるよう、常に現場の状況を把握しておかなければならないため、現場確認をしたり、また機械の異常がないか確認すること、さらには人手が足りない際、現場作業を手伝うことなど多岐にわたります。固定されていない仕事を如何にして効率的に回すことが面白さであると思っておりますが、同時に難しさでもあります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新規の製造ラインの導入。~耐熱材製造設備~
入社2年目に、製造に使用する材料の内製化を図ることを目的に新規の製造ライン稼働に携わりました。全く見たこともないような機械を1から動かすことを覚え、さらに製造現場へと動かし方を展開し、各作業内容を標準化しました。内製材は以前に使用していた材料と比べて使いにくいと厳しい意見を製造現場よりいただいたことから、内製材使用前の製造条件を確認し、内製材仕様のための製造条件の確立に奔走しておりました。親会社の指導協力もあり、現在では、問題は解消されつつあります。このように、未知の分野に挑戦して、その後の困難を乗り越えた後の達成感に私自身、やりがいを感じます。また、何かの目標を達成した後は、そこに甘んじるのではなく、さらにその先のより高い目標をもって臨まなければならないことを学びました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 技術力が魅力的だった。
就職活動での私自身の観点は2点あります。
1つ目は、私は大学院まで、ずっと愛媛県にいましたので、就職を機会に県外に出ることを考えておりました。
2点目は、論文の研究テーマが絶縁材料だったので、関係の深い電線に着目していたことです。リクナビで見つけたことがきっかけで当社の名前を知りました。とくに当時報道されていた、ある研究機関と名前が近かったこともあり、自身の印象に残りました。
会社を選ぶ決め手となったポイントは、千葉、新潟、市島と3箇所の製造拠点で、まったく異なるものを製造しており、多方面に高い技術力をもっていると思い、魅力を感じたことです。
 
これまでのキャリア プラスチック製品部 シート製造技術スタッフ(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

様々な企業の情報に惑わされ、選択に自信が持てないこともあると思いますが、最終的に決めるのは自分自身です。自身の中で妥協できない点を明確にしておいてください。また、将来の自分自身は何をしているのか、またどのような自分で在りたいのか、漠然としていてもよいので、展望を持っておいてください。
スタートは覚えることばかりで、そこまで考える余裕はないと思います。まずは目の前のものを一つずつ時間をかけてもよいので、確実に片づけていきましょう。

理研電線株式会社の先輩社員

工場のバランサー兼コーディネーター

市島工場メッキ線部
S.T
長岡技術科学大学大学院 工学研究科 生物機能工学専攻

高天井用LED照明製品の製造技術向上・品質保証

新潟工場 技術・品質保証グループ
T.K
新潟大学大学院 自然科学研究科 数理物質科学専攻 化学コース

工場内の設備の修理、冶具の設計・製作

千葉工場 製造G
S.F
千葉工業大学 工学部 電気電子情報工学科

スズメッキ線に関する技術マネジメント

市島工場 メッキ線部
Y.Y
岡山大学大学院 自然科学研究科 数理物理科学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる