名和機械株式会社
メイワキカイ
2023
業種
機械
重電・産業用電気機器/設備・設備工事関連/金属製品
本社
三重

私たちはこんな事業をしています

私たち名和機械は、1973年に三重県で創業いたしました。
以来、産業廃棄物処理機械の専門メーカーとして、廃棄物の減量化、資源化を追求し、
ひいては自然環境の維持というエコロジーマインドのもとに、循環型社会の構築に貢献してきました。
これからもお客さま、そして社会のニーズにあった、人にやさしい環境機械を提供してまいります。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

産業廃棄物処理の機械を通して、日本の環境を支える

名和機械は、産業廃棄物処理に欠かせない専用機を製造・販売している会社です。例えば、都市ごみや廃車、廃家電などを破砕する「シュレッダー」、鉄スクラップや粗大ごみなどを圧縮・切断する「スクラップ・プレスシャー」などがあり、環境保全の要として、快適な暮らしをサポートしています。どの機械も、お客さまからのご要望に応じて、当社独自に設計したオンリーワン製品です。今後も半永久的にニーズがあるものなので、安定した事業環境が続くと予想されます。環境の面から日本を支えていることに誇りを持ち、これからも次世代の製品開発に積極的にチャレンジしてまいります。

魅力的な人材

専用機を一から開発する、やりがいたっぷりの機械設計業務

当社が拠点をおく三重県はモノづくりメーカーが多数ありますが、その多くは部品メーカーです。私たちはお客さまのニーズに基づいて、一から完成品を作る専用機メーカー。機械の全容を知ることができ、完成時の達成感は格別です。部品より完成品を手掛けたいという方にぴったりの環境だと思います。また、廃棄物処理に関わる機械を手掛けることは、自らが生み出した機械が環境保全に貢献するということ。世の中のためになるモノづくりを目指す方にもおすすめです。今後はさらに効率化を実現しながら、新しい製品開発と設計を進めていきます。ぜひ私たちの仲間になって力を貸してください。

社風・風土

多様化するニーズに対応できる発想力や柔軟性を高く評価

機械設計の業務は、お客さまからのニーズを丁寧にヒアリングし、どうすれば実現できるかを追求する仕事です。当然一人だけのアイデアでは立ち行かなくなるため、社員一人ひとりがアイデアを出し合い、助け合って取り組んでいます。そのため、今後はいっそう多様化すると思われるニーズに対応できる柔軟な思考力、新しいアイデアを思いつく発想力を持つ人材は高く評価される風土です。また、初めからうまくいくことはほぼないため、試行錯誤を繰り返しながら、粘り強く取り組めることも求められます。新しいチャレンジをすることが好きな方、最後までやり抜く力をお持ちの方からのご応募は大歓迎です。

会社データ

事業内容 スクラップ処理設備・機械の設計・開発・製造・メンテナンス
廃棄物処理設備・機械の設計・開発・製造・メンテナンス
その他、環境機器 製造・販売
設立 1973年12月
資本金 1,000万円
従業員数 25名(2019年9月時点)
売上高 4億5600万円(2019年9月期)
代表者 代表取締役  嶽釜 潤一
事業所 ■本社
〒510-0052
三重県四日市市末広町2-9
TEL:059-354-5730
FAX:059-354-2675
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)