KYB株式会社ケイワイビー

KYB株式会社

【東証一部上場/2015年10月1日より社名変更】
  • 株式公開
業種 輸送機器
自動車/機械
本社 東京

先輩社員にインタビュー

電子技術センター開発室
Y.K(27歳)
【出身】理工学部電気電子工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 情報通信機器のソフトウェア設計、開発を担当しています。
情報通信機器のソフトウェアを開発しています。KYBといえば油圧機器の会社ですから情報通信機器の開発といってもイメージがわかないと思いますが、建機向け製品として開発されています。
IoT(Internet of Things:モノのインターネット)技術が世の中に浸透する中、KYBでも製品のIoT化に注目が集まってきており、現在私が開発を担当している製品もその分野ではIoT化が進んでおらず今後の開発が重要となります。重要な開発に携わることは自分にとって良い刺激であり、向上心に繋がっています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
開発に携わっている製品が東京モーターショーで展示された。
2015年の第44回東京モーターショーにて開発に携わっていた製品が展示されました。東京モーターショーといえば、最先端の自動車関連製品が集まる日本で最も大きな展示会という印象が
強かったのでその場所で展示されると聞いたときは夢のようでした。製品の特性上、製品単体で展示されたわけではなくシステムの一部としての紹介ではありましたが多くの人が訪れる場所で製品が展示されたことを誇らしく思っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き サスペンションを取扱う企業にチャレンジしたかった。
私は学部卒で大学時代に学生フォーミュラに参加していましたが、とある一件で不快に思ったことから自動車業界に就職したくないと思っていました。しかし、大学にOB訪問でKYB社員の方がいらっしゃる機会があり、その際に会社説明を受けて、元々自動車業界で就職するならサスペンションを取扱う企業が良かったこと、就職したくないと思ったとはいえ一度もチャレンジせずに就職活動を終えるのは後悔するかもしれないと思い試験を受けることにしました。正直、自身の学力では試験に合格することはないと思っていましたが、結果的に合格したのでこれも何かの縁かもしれないと思い、この会社に就職することにしました。今、私はサスペンションに関わることなく職務を行っていますが、これはこれで悪くはないと思っています。
 
これまでのキャリア 開発(現職、3年目)

この仕事のポイント

職種系統 システムエンジニア(SE)
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

不純な動機で会社を決めていませんか?もちろん就職は人生一度きりというわけではありません。しかし、人生の大きな決断であることに変わりはありません。この会社でやりたいことがある、条件の良い会社がいい、○○付近の会社がいい…、人それぞれ理由があると思います。本当にその理由で会社を決めても後悔しませんか?後悔しない会社選びをすることが大切です。

KYB株式会社の先輩社員

自動車の乗り心地と操縦安定性の決め手となるショックアブソーバの設計

(AC事)サスペンション技術部
N.Y
機械工学部・動力機械工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる