熊本ゼミナール株式会社クマモトゼミナール
業種 教育関連
その他サービス
本社 熊本
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

熊本ゼミナールまなび舎
野田 一葉
【出身】熊本県立大学  文学部英米科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 塾の先生をしています。
附属小・中学校専門校舎で小学2年生~中学3年生の国語・英語の授業を担当しています。
私の一番の仕事は「成績の上がる授業」をすることです。そのために授業の準備を念入りに行います。
授業の成果があらわれるテストの成績表が出るときはとても緊張します。万一、成績が下降した場合は、すぐに保護者と連絡をとり、今後の学習計画を立てます。授業以外の塾での自習や家庭学習を含めて、学習管理をしていきます。
生徒たちの“やる気”を引き出し、学習成果を上げ、生徒全員が志望校に合格できるよう日々頑張っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
毎日違う生徒の反応を見て感じられること
日々変化していく生徒たち。
毎日、嬉しいことや楽しいことが盛り沢山で、自分の行う授業が楽しみでしょうがありません。
生徒に分かりやすく理解してもらえるように、授業準備を行います。自分なりに「授業の流れ」を意識して行いますが、生徒のリアクションも違い、展開も変わっていくのがこの仕事の醍醐味でもあります。なかなか理解してもらえなかった時は、悔しいですが・・・(自分に対して)。
しかし、生徒の「わかった!できた!」という表情を見る時は何とも言えない気持ちになりますね!
生徒の表情を見ながら、一緒に授業を行うことができることに幸せを感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 熊本で必要とされる先生になるために
両親が学校の先生をしており、幼い時から「先生」と呼ばれる職業に憧れを持っていました。
なので、学校の先生か塾の先生どちらを選択するか就活中は悩んでいました。
そんなある日、熊本ゼミナールの社長のインタビュー記事を発見!その内容は「手取り足取り教えるのではなく、あえて失敗させ見守ることも大事である」という言葉でした。その時私の中で、「ピン!」ときたのです。生徒の自立を求めていることに共感したのと、県全体に教育を発信している考え方や価値観に「この会社の一員になりたい、そして熊本と言ったら野田先生よね!」と言われる先生になりたいと感じ、塾の先生の道を選びました。
 
これまでのキャリア 入社7年目
植木校講師→まなび舎講師→健軍校講師

この仕事のポイント

仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 子供と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 モノを教えることが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

お伝えしたいのは、早期から「業種を絞りすぎない」ということです。
合同説明会では、色んな企業の話を積極的に聞いてください。
そうすることで、自分に何が向いているかが分かってくると思います。

熊本ゼミナール株式会社の先輩社員

学習塾の先生をしています。

熊本ゼミナール田迎校
野村 浩史
日本大学 理工学部 数学科

運営+教務の管理職!

熊本ゼミナール水前寺校 校長
池崎 バンジャマン太郎
名古屋大学 工学部 工学部 機械航空工学科

生徒それぞれの個性を理解し、やる気・成績をUPさせる仕事!

熊本ゼミナール健軍校
伊藤 彰洋
熊本県立大学 総合管理学部・総合管理学科

担当地域の教室、講師、生徒の管理をしています。

個別指導部主責
古財 佑一
法政大学 法学部 国際政治学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる