株式会社宮城テレビ放送ミヤギテレビホウソウ
業種 放送
本社 宮城
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

総務局 技術推進部
菅原 彩子
【出身】新潟大学大学院  自然科学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 テレビ局の技術マン。システム関連をメインに制作技術、設備導入なども
技術推進部はシステム、制作技術、送信、送出、電源など幅広い分野を扱う部署です。システム一つ取っても、「パソコンが動かなくなった」「メールが届かない」という問合せ対応から、編成と営業の情報を登録して放送準備をするシステム(営放システム)の仕様検討、速報・天気・ライブラリーの放送設備導入・保守など多岐にわたり、皆が円滑に業務できるよう尽力しています。また、そういったことから社内はもちろん、系列や宮城の他局の方々と協力して仕事をする機会が多く、交流が広がります。制作技術では地元では9月の女子オープンゴルフや10月の女子大学駅伝という大規模中継に、他にも箱根駅伝などに系列応援として参加することもできますので、系列の方と一緒に様々な経験を積むことができます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
大きな中継をやり遂げ、エンドロールに自分の名前が載ったこと
入社時は編成部に配属し、放送準備などの裏方を担当し、エンドロールに名前がでるような担務をしていませんでした。今の技術推進部に異動して1年目、ほぼ初めての中継現場は利府の女子オープンゴルフトーナメントでした。右も左もわからないながらケーブル張りや本社までの電波伝送のセッティングなどしましたが、皆で協力してオンエアを迎えるまでの一週間は緊張しっぱなし。最終日は全国放送になるので、そこで自分の名前が流れた時の感動は大きなものでした。ゴルフの1ヶ月後には女子駅伝があり、そこではマイクロという、送信所の鉄塔に登ってアンテナを振り、中継車の電波を受けるという仕事をしました。高所作業の過酷さはありますが、系列の方々と大きな中継で盛り上がる気持ちがあり、乗り切ったときは喜びも大きかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き テレビが好きだったのはもちろん、社員の人柄や仕事内容がマッチしたから
大学院ではCGを扱う情報系の研究室にいたので、周りはメーカーに就職する人が多かったです。自分の進路を考えた時に、まずは日常的に自分の好きなことを仕事にできないかと思い立ちテレビ局を、そして今まで勉強してきた知識を少しでも生かせられればと考え技術職で応募しました。東北出身で宮城にあこがれがありましたが、宮城出身ではないのでローカル事情やバンデスという長寿番組があまりわからないという不安もありました。何社か受ける中、2次試験前に採用担当者の方が「あ、菅原さん」と、一受験者の顔と名前を覚えていて下さったことが印象的で、社員の方の温かみを感じました。テレビ局は系列色もあり、局によって人柄や方針が違うこともありますが、今この会社にいて間違いはなかったと思います。
 
これまでのキャリア 編成(約3年間)→技術(現職・4年目)

この仕事のポイント

職種系統 システム運用・保守
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私自身多くの企業を受けたわけではありませんが、面接でうまいことをハキハキ話す努力をするより、自分という人間性がどう面接官に伝わって、一緒に働きたいと思ってもらえるのかが大事だと感じました。縁を信じて気負わずに頑張ってください。

株式会社宮城テレビ放送の先輩社員

オールマイティなテレビ技術者を目指し、人と機材に向き合っています

総務局 技術推進部
目黒 洋一
東北大学大学院 工学研究科電子工学専攻

アナウンサー。ニュース、夕方ワイド番組のリポーター、スポーツの実況など

報道制作局 アナウンス部
松原 稜典
弘前大学 教育学部 学校教育教員養成課程 小学校教育専攻

プロからアマチュアまで宮城のスポーツを幅広く取材、中継。放送に。

報道制作局
木村 博人
筑波大学 体育専門学群

警察担当の記者。ニュースに向けた取材と原稿の執筆。

報道制作局
杉山 祥太郎
東北大学 経済学部 経済学科

テレビ局の稼ぎ頭。スポンサーの広告戦略をバックアップ。

営業局 営業部
菅田 武嗣
早稲田大学 人間科学部人間環境科学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる