株式会社 CRAZY TVクレイジーティブィ

株式会社 CRAZY TV

(クレイジーティブィ)
業種 放送
広告/芸能・芸術/各種ビジネスサービス/その他サービス
本社 東京

先輩社員にインタビュー

映像技術部 編集課
鮫島 要
【出身】法政大学  社会学部メディア社会学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 映像制作のプロ
普段私たちの前に映る映像は、様々な制作工程を経て皆さんの元に届けられています
その中で私はお客様が出すアイデアを映像にするエディターという仕事をしています。
「こんな映像加工したい、特殊効果を付けたい、テロップを入れたい」
時としてお客様が求めるものは多岐に渡ります。
その中で求められている事をいち早く理解し、より良い編集結果を提案していく
つまりお客様が満足いく作品を作り、納品に行くまでの最終工程を担うのがエディターの仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
プレッシャーが喜びに変わる瞬間
入社間もなく20年以上も続く「ダウンタウンDX」のアシスタントとして
私はデビューしました。
最初のうちは長年続く番組だけあって、ミスをしないかプレッシャーを感じていました。
無事O.A.された時は「嬉しい」というよりも「安心した」という気持ちが強かったです。
両親、友人からの声も嬉しかったですが、同じCRAZYTVの仲間から褒められた時が
その頃は一番嬉しかったです。

そして今は、まだこの番組に担当として付いていられることが一番嬉しい事です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 社員ではなく仲間
編集という仕事をしたいと気付いた時、初めて受けた会社がCRAZYTVでした。
社名のインパクトと、説明会から感じる会社というより仲間という雰囲気。
気付いたら選考に行って、気付いたら社長と面接をしていました。
今思えば、選考も面接というよりも近所のおじさんと話している感じです。
「社長」というとお堅いイメージがありますが、話しやすい雰囲気を作るのが上手く
長年働く現場としてとてもいいと思い、この会社を選びました。
 
これまでのキャリア 日本テレビ系列「ダウンタウンDX」

この仕事のポイント

職種系統 編集・制作
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 忍耐力と集中力が必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

映像制作の経験の有無は関係ありません。
就職活動で自分を良く見せようとあれやこれは手を出すのではなく
一つでも確固たる自分をアピールできるもの磨き上げてください。

株式会社 CRAZY TVの先輩社員

0から100まで

映像制作部 ディレクター
齋藤勇太
早稲田大学 第一文学部演劇映像専修

「面白さ」をとことん追求する仕事!

映像制作部 ディレクター
高良航
上智大学 文学部英文学科

プロを支えるプロアシスタント!

映像制作部 アシスタント・ディレクター
西元 惇
立命館大学 法学部法学科司法特修

作品の最終診断!?

映像技術部 MA課
熊倉翔太郎
大原情報ビジネス専門学校 CGクリエイター科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる