株式会社中部メディカル
チュウブメディカル
2023

株式会社中部メディカル

X線検査装置/医療/工業/メーカー商社
業種
医療機器
設備・設備工事関連/商社(医療機器)
本社
三重
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

~見えないものを、見るために~
医療現場に欠かせないレントゲン装置を販売する【販売部門】
製造業などで使用されるX線検査装置を開発・製造する【製造部門】
各種X線検査装置のメンテナンスを行う【サービス部門】を持つ、
全国でも数少ない「X線のプロフェッショナル集団」です。

表面的には見えない内部を見えるようにするのが私たちの役目。
医療分野に限らず工業分野でも幅広く活躍しています!

当社の魅力はここ!!

事業優位性

全国でも有数の「X線プロフェッショナル」として

目に見えない内部の状態を透過して壊すことなく確認・評価をすることができるX線検査。医療分野や工業分野、食品分野など、さまざまな分野で活用されています。当社は、そのX線のプロフェッショナルとして、3つの事業を展開。医療現場や人間ドックなどに欠かせないレントゲンやCTなどの医療分野におけるX線検査装置を販売する商社事業。販売した装置を定期点検・修理を行うメンテナンス事業。製造業において製品を壊さず内側を検査する非破壊検査装置を企画・開発から製造、メンテナンスまで行うメーカー事業。X線に特化した会社は全国でも珍しく、メーカー事業では全国のさまざまな企業から相談を受けるなど、業界でも注目されています。

魅力的な人材

学んだことを活かして自分のアイデアを形に

現在活躍中の先輩たちの出身学部や得意分野はさまざま。とはいえ、学生時代からX線について学んでいた…という人はいませんので安心してください。いずれの事業部でも、まずは自分が学んできたことや得意なことを生かしながら、X線についての知識を身につけることからスタート。これからの時代に必要なのは、常にいろいろなところにアンテナを張りながら、新しい技術に興味を持つなどの好奇心やチャレンジ精神!「学んでみたい」「アイデアを形にしてみたい」という意欲に対しては、会社も最大限にバックアップしていきます。またその一方で、エンジニアといっても人と接する機会も多いため、最低限のコミュニケーション能力が求められます。

社風・風土

二人三脚で一歩一歩

自社製品の開発が、それぞれが自分の得意な分野を担当しながら行うチームワークの仕事であることはもちろん、医療機器のメンテナンスでも、お客様先を訪問する際には二人一組で行動。普段からチーム単位で活動しているため、困ったことや分からないことがあっても相談がしやすく、社内は自然とアットホームな雰囲気が築かれています。また、当社の創業者も、現社長も、元々は理系出身の技術者。技術者の気持ちに理解があることも、居心地の良さにつながっているでしょう。医療機器の分野で長年にわたる実績があるため、長期的な業績も安定しており、その結果、社員の定着率も抜群!あなたにも長く働いていただけますよ。

会社データ

事業内容 ◎医療機器販売業およびメンテナンス業
◎非破壊検査装置の製造・販売業

=========================
◆表面的には見えないものを「X線」で可視化
=========================
医療現場で見られるレントゲン装置やCTなど
医療用X線検査装置の販売・メンテナンスが
主力業務である当社。

決して“売って終わり”ではありません。
何故なら、医療機器の故障は
お客様にとっても患者様にとっても一大事。

故障時におけるダウンタイムを最小限にするために
緊急修理を対応することもございます。

医療現場の誰もが使いやすく、安心して
ご活用いただけるようお客様と共に考え、
地域の医療に貢献していきたいと考えています。

また、製造業などで使用される非破壊検査装置の
企画・開発および製造も手掛けています。

当社には、お客様からご相談いただいた検査物が
X線で可視化できるかを確かめるラボがあります。

ラボにて実験をし、企画から開発、メンテナンスまで
すべて自社にて実施しています。
設立 1963年9月16日
創業へのあゆみ エンジニアであった創業者である落合靖は、
工業用の技術を活かして医療に貢献したいという想いから、
近代医学の発展に多大なる貢献をしたレントゲンを取り扱う
中部メディカル(旧:四日市医療電機株式会社)を
1963年9月に設立しました。
従業員数 38名

\ 中部メディカルのここがすごい! /
=========================
◆技術者の【66%】が専門的な有資格者?!
=========================
私たちは、X線のプロフェッショナルであり、
お客様に安心して仕事を任せていただくため
技術職のメンバーはエックス線作業主任者
という国家資格を持っています。

32名の技術者(事務員以外)のうち
21名がエックス線作業主任者なのです!
資本金 4000万円
売上高 32億4000万円(2020年8月期)
代表者 代表取締役社長  落合 穣
事業所 ■本社
三重県四日市市松原町33-5

■南三重営業所
三重県松阪市垣鼻町574-13

■岐阜営業所
岐阜県岐阜市吉野町三丁目10
SUN PRINCESSビル 201

■名古屋営業所
愛知県名古屋市中区錦一丁目20-25
広小路YMDビル5階

■テクニカルセンター
三重県四日市市蒔田2丁目431-2
沿革 1963年 四日市医療電機(株)を設立
1969年 歯科用レントゲンの生産を開始
1974年 岐阜営業所を開設
1979年 工業用X線装置を開発、生産を開始 
1982年 (株)中部メディカルに社名を変更
1983年 南三重営業所を開設
1991年 小動物用X線装置を開発
     X線タイヤ自動検査装置を開発
1994年 血液製剤X線照射装置を開発
1995年 血液製剤X線照射装置が中小企業ニューフロンティア賞(優秀製品賞)を受賞
1998年 工業用小焦点X線装置を開発
     医療用フィールドマーカーを開発
1999年 血液製剤X線照射装置が特許を取得(特許第2909466号)
     テクニカルセンターを開設
     名古屋営業所を開設
2002年 三重大学生物資源学部との共同研究を開始
     三重大学工学部との共同研究を開始(CTソフト開発)
2004年 工業用X線CT装置を開発
     大型X線防護実験室が完成
     放射線治療用フィールドマーカーで特許を取得
2008年 患者整位ナビゲーションソフトウェアを発売
2011年 三重県産業安全衛生大会で受賞
2013年 一般社団法人M-EMS認証機構より、M-EMS登録証が交付
2015年 卓上型X線装置「簡透」を発売
2018年 岐阜・名古屋営業所を移転
2019年 高精度卓上型X線検査装置「J5600」を発売
2020年 健康経営優良法人2020の認定を取得
     卓上型X線乳腺組織画像表示装置を発売
     マンモQCツールが3D意匠登録を取得
     放射線治療用マーカーおよびその製造方法で特許を取得
ホームページ http://chubumedical.com/

★特設ページでは社員インタビュー動画も公開中。
 ぜひご覧ください!
http://www.chubumedical.com/saiyou/
主な取引先 朝日レントゲン工業(株)
イーグローバレッジ(株)
エレクタ(株)
オージー技研(株)
大塚製薬(株)
(株)カナデン
川崎重工業(株)
キヤノンメディカルシステムズ(株)
(株)ケンコー・トキナー
コニカミノルタジャパン(株)
GEヘルスケア・ジャパン(株)
シーメンスヘルスケア(株)
塩野義製薬(株)
(株)島津製作所
島津メディカルシステムズ(株)
ダイレックス・ジャパン(株)
(株)デンソー
東洋メディック(株)
トヨタ自動車(株)
(株)根本杏林堂
浜松ホトニクス(株)
(株)バリアンメディカルシステムズ
(株)日立製作所
日立ヘルスケアシステムズ(株)
(株)フィリップス・ジャパン
富士フィルム(株)
富士フイルムメディカル(株)
(株)ブリヂストン
ブリヂストンプラントエンジニアリング(株)
ブレインラボ(株)
ポニー工業(株)
ライオン(株)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)