株式会社 愛媛新聞社エヒメシンブンシャ

株式会社 愛媛新聞社

新聞・・インターネット関連・出版・広告・イベント
業種 新聞
インターネット関連/広告/出版/その他サービス
本社 愛媛
インターンシップ・1day仕事体験の評価10件~20件
  • 総合評価
  • 4.74 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 業界の理解 4.71

先輩社員にインタビュー

編集局報道部
竹下 世成(31歳)
【出身】青山学院大学  国際政治経済学部国際政治学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 本質を分かりやすく伝える
愛媛県警察本部を中心に、県内で発生する事件・事故などを取材しています。
読者の皆さんに起きたことの本質や事故の危険性などを分かりやすく伝えることを最も大切に考えています。2018年7月に発生した西日本豪雨では、亡くなった住民の遺族の話を聞く機会がありました。自治体の避難情報発令基準や、ダムの異常洪水時防災操作への対応策なども検証し、災害でいかにして命を守っていくかについて多くの方に伝えようと努力しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
高校閉校までの1年間を密着取材
入社2年目の時に、県内の公立高校としては初めて閉校になる学校に1年間密着しました。最後の生徒33人の元に通い詰め、一緒にお菓子を食べながら「中学校はなじめなかった」 「少人数がよかった」などさまざまな思いを取材。閉校式では胸を張って入場してくる生徒の姿に思わず感動し、第三者でありつつ共感できるのは「記者冥利に尽きる」と再確認しました。連載などが紙面に載った後、多くの高校OB・OGらからいただいた手紙などは大切に残しています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 使命感はなかったけれど、地元への愛情はあった
「文章を書く」「写真を撮る」「地元・愛媛」の三つが好きという理由だけで、愛媛新聞社の就職試験に臨みました。私が小さなころに取材された記事を、両親が額縁に入れて保管していた様子を覚えており、人々の記憶に残る仕事への漠然とした憧れがあったのかもしれません。入社前に東日本大震災直後の宮城県石巻市・女川町で、未だ連絡の取れない被災地を社会福祉協議会の人と一緒に巡った際に、報道の役割をひしひしと感じました。最初からジャーナリズムや使命感がなければ、記者になれないわけではありません。
 
これまでのキャリア 2011年入社。社会部で警察担当(1年)、社会部で伊予市・松前町担当(1年4カ月)、西条支局長(3年8カ月)、報道部で松山市担当(1年)、報道部で警察担当(現在2年目)

この仕事のポイント

職種系統 記者・ライター
仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

徹底的にさまざまな業種・会社の話を聞いてみてください。意外なところから興味の持てる仕事が見つかるかもしれません。記者を目指す上でも、各業界の事情を聞ける場は貴重です。私はあまりできませんでしたが、OBOG訪問をして具体的な仕事内容などを聞けば仕事と自分の距離感を測れるのではないでしょうか。

株式会社 愛媛新聞社の先輩社員

地域の魅力を発掘、発信

しまなみ支局
曽我 しずく
広島大学大学院 文学研究科

新聞広告の営業。クライアントのために、読者のために

営業局営業開発部
本多 仁
松山大学 経営学部経営学科

広告企画を考え、企業に提案

東京支社営業部
井手 千裕
慶應義塾大学 文学部人文社会学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる