株式会社アール・ケイ アールケイ
業種 鉄鋼
建材・エクステリア/商社(金属)
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

加藤 岬(27歳)
【出身】関西学院大学  商学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 建設用鋼材加工工場の管理
工場管理を担当しています。具体的には生産、労務、安全など多岐にわたります。従業員はほとんどミャンマー人です。
管理とはルールを作り、それを守らせることにあります。自分が作り出したルールや制度が従業員に浸透し、皆がそれに基づいて行動しているのを見るのが嬉しいです。
管理がうまくできていると、売上げアップ、生産スピード、不良品率に反映されるので、月を振り返ることで、自分の仕事の出来がわかります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
20代で従業員100名以上を管理する立場であること。
この仕事に就いて良かったことは、若い内に裁量の大きな仕事を与えられることです。
私はミャンマー工場へ設立間もない頃に赴任してから組織をつくることに従事しています。会社には経理部とか総務部などの部署は当たり前のようにありますが、これを一から作り出すことは大変な労力が入ります。工場で例えると生産管理や安全管理、製造部などがありますが、目的を明確化しそれを達成するための規律を作り、維持していく。ましては相手はミャンマー人、文化や習慣が異なる人達にこれを適応するのは簡単ではありませんし、答えがありません。ただ答えがないからこそ、日々いろんな人とコミュニケーションを取り、最適な方法を導き出していく。創造力が試される仕事です。自分が主体となって組織を作りそれがうまく回っているのを見ると達成感を感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 一人に与えられる裁量が大きいこと。
就職活動は恥ずかしいながら、深く考えておりませんでした。
ただ、「わくわく」するが入社の基準だったと思います。
説明会で代表の話を聞いて、ミャンマーでの事業の話を聞いて、
この事業に携わりたいと思っていました。

運良く入社後すぐにミャンマーに行く機会を頂き、今日に至ります。
 
これまでのキャリア 貿易事務(2か月)→ヤンゴン赴任(トレーニー1年間)→副工場長(2年間)→工場長(1年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ニッポンを飛び出して、海外の人と働く仕事
仕事でかかわる人 海外の人と接することが多い仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分が十分納得してから企業を選んでください。

仕事は大変なことも多いです。特に入社したては、わからないことも多く、プレッシャーを感じることも多いでしょう。
しかし自分が選んだ道であれば、困難は乗り越えられるでしょう。

入社後、後悔しないよう、十分に吟味してから決めたら良いかと思います。

株式会社アール・ケイ の先輩社員

ミャンマー現地法人の統括工場長として会社全体の管理運営

笠原 啓司
大阪大学 経済学部 経済経営学科

鉄鋼製品の製造に必要な図面の作図や費用の積算

生産管理部
スキー タン
ミャンマー海事大学 海洋エンジニアリング学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる