豊田市役所トヨタシヤクショ
業種 公社・官庁
本社 愛知
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

環境部 環境政策課
伊吹 梨沙
【出身】環境学研究科 地球環境科学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 環境モデル都市「豊田市」の魅力をPR
豊田市は、平成21年に低炭素社会の実現に向けて先進的な取組にチャレンジする「環境モデル都市」として国から選定されました。そんな豊田市は、水素バスが運行していたり、スマートハウスが立ち並んでいたりと環境先進技術が街中にあふれています。環境政策課では、このような環境にやさしい豊田市の魅力をPRするため、イベントを企画したり、次世代自動車等を購入された方に対して補助金を交付する業務を行っています。
 公務員の魅力の一つとして、若手でも重要な仕事ができることが挙げられます。入庁して間もない新人でも、主担当を任され、自身の意見を尊重してもらえるのは仕事のやりがいを大きく感じられます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分で作成したマップを使ってイベント実施!イベント参加者から喜びの声!
入庁して半年が経ったころ、豊田市の街中にある環境先進技術や自然の魅力を凝縮した「エコマップ」を作成するという仕事を任されました。どのような構成にするのか、どこのスポットに焦点を当てるのか、いろいろな人から情報を集めて、1枚のオリジナルエコマップを完成させました。さらに、そのマップを持って街中をめぐるウオーキングイベントを実施。参加者の「楽しかった!」、「このマップかわいい!」という声を聞いて、作ってよかったと心から思いました。自分の思いを形にできるのは環境政策課ならではの仕事だと感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 働く職員が生き生きしていた!
私は、就職活動中に絶対やりたいことが明確ではありませんでした。そのため、多岐にわたる職種の説明会を聞き、その企業・自治体で働く職員の方たちと会話をするようにしていました。そんな中、豊田市職員の方は口をそろえて「仕事が楽しい」と話していて、その姿もとてもいきいきしているように見えました。この先ずっと働くのであれば、このような人たちと楽しく働きたいと素直に思えたのが豊田市を志望した1番の動機です。
 
これまでのキャリア 入庁後は、環境政策課に配属され、イベント企画や補助金業務を担当しています。

この仕事のポイント

仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私のおすすめ就活法は、実際に働く人たちとたくさん会話をすることです。話していると、その企業や自治体の雰囲気や考え方を感じることができます。そんな中で自分の働くイメージができれば、そこで働きたいという気持ちにつながると思います。周りの人と比較して焦ったり、悲観的になることがあるかもしれませんが、自分が「これだ!」と思えるような仕事に巡り合うまで諦めないでください。応援しています!

豊田市役所の先輩社員

「ミライのフツー」をつくる仕事です

企画政策部 未来都市推進課
前田 有紀
教育学部

“市役所の仕事のやり方を変える“仕事です

総務部 行政改革推進課
平野 麻美子
経済学部 経営学科

豊田市を子どもが安心して育ち、地域で輝けるまちへ

子ども部 次世代育成課
秋田 真由
外国語学部

とにかく現場!

経営戦略室 市政発信課
宇佐美 雅也
文学部人文学科

豊田市から未来を創り、世の中を変える!

産業部 ものづくり産業振興課
川合 友季子
人文学部 心理人間学科

外国人にとっても日本人にとっても住みやすいまちづくり

経営戦略部 国際まちづくり推進課
丸山 宗祐
国際英語学部

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる