三井住友トラスト・グループ
ミツイスミトモトラスト・グループ
2023
  • 株式公開
  • グループ募集
業種
都市銀行・信託銀行
不動産/情報処理
本社
東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

三井住友トラスト・グループは、三井住友信託銀行と、銀行、資産運用・管理、不動産業務関連など多数のグループ会社が相互に連携することで、信託機能と銀行機能を融合させた総合力を発揮し、お客さまに最適なトータルソリューションをご提供しています。

会社データ

三井住友信託銀行株式会社 事業内容
1.銀行事業
●リテール業務
お客様の資産の運用・管理・承継等に関する幅広いニーズに対して、首都圏、関西圏、中部圏を中心として全国各地に構築されるバランスの取れた店舗ネットワークを通じて、信託銀行グループならではの総合的な解決策を提供していきます。
投信・保険等販売、個人ローン、遺言信託・遺産整理など
●ホールセール業務
三井グループ・住友グループをはじめとする当グループの広範な取引基盤を活かし、戦略的パートナーとして、法人のお客様の企業価値向上に向けた多様なニーズに対して、グループの多彩な機能を融合したトータル・ソリューションを提供していきます。
法人与信等、金融商品販売、海外業務など
●マーケット業務
お客様の金利・為替等に関する運用ニーズ・リスクマネジメントニーズに対して、マーケットメイク機能や市場性金融商品を活用したタイムリーなソリューションを提供していきます。
有価証券投資、デリバティブ業務、海外業務など

2.資産運用・管理事業
【資産運用】
企業年金をはじめとする国内外機関投資家のお客様の高度な資産運用ニーズにお応えするとともに、確定給付年金・確定拠出年金などにかかる専門性の高い制度・運用・管理コンサルティングの下で多様な商品を提供しています。また、グループ内の投信運用会社を通じて、主に個人のお客様に対して投資信託を提供しています。

【資産管理】
国内外機関投資家のお客様に有価証券の保管・決済からレンディングまで高度で幅広いサービスを提供しています。また、海外の現地法人を通じたグローバル・カストディ・サービスでは、日本語によるきめ細かいサービスを提供しています。

【証券代行】
業界最大規模の受託基盤による豊富な情報量を活かし、株式実務やIR・SR(投資家・株主向け情報活動)にかかる付加価値の高いサービスを提供することにより、法人のお客様の課題解決をきめ細かくサポートしています。

3.不動産事業
大企業や国内外の投資家から個人まで幅広いお客様の不動産関連取引ニーズに対し、高度な専門性に基づくコンサルティングを通じて、仲介から証券化や投資顧問までフルラインアップのサービスを提供しています。

設立 1925(大正14)年7月28日
(2012(平成24)年4月1日商号変更)

資本金 3,420億円

従業員数 13,527名(2020年3月31日現在)

売上高 1兆360億円(2020年3月31日現在)

代表者 取締役社長 大山 一也

事業所 国内/150カ所(支店133、コンサルプラザ他17)
海外/支店5、駐在員事務所4

所在地 東京都千代田区丸の内1-4-1
三井住友トラスト・システム&サービス株式会社 事業内容
●コンサルティング・システム企画
●システム開発
●システム基盤
●システム運用
●インターネット接続基盤サービス
●OAサポート

設立 1973年2月

資本金 1億円

従業員数 876名(2020年8月)

売上高 215億円(2020年3月期)

代表者 取締役社長 能勢 保巳

事業所
東京・大阪

所在地
【本社】
〒183-0044
東京都府中市日鋼町1番10
三井住友信託銀行府中ビル

【千里事業所】
〒560-8570
大阪府豊中市新千里西町1丁目1番3号
三井住友信託銀行千里ビル
三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社 事業内容
【総合ファイナンス業】
~法人向け事業~
●ホールセール事業
●ベンダーリース事業
~個人向け事業~
●クレジット事業
●ファイナンス事業

【4つの事業を手掛ける業界でも数少ない存在】
一般的なリース会社はリース事業を専門に行っておりますが、当社は、法人向けのホールセール事業・ベンダーリース事業及び個人向けのクレジット事業、ファイナンス事業という4つの事業を展開しており、業界でも数少ない総合ファイナンス会社です。お客様のニーズが多様化しているこの時代において、当社が展開する事業の深さ・広さが、お客様の高い評価を得る上ではとても重要です。実際、当社ではお客様から寄せられる「●●はできないか?」というご要望に対して、あらゆる部署・グループ会社の協力を得ながら対応することが可能です。法人のお客様の経営課題の解決のためのソリューション提供や、個人のお客様の豊かな暮らしのサポートを目指しています。

【三井住友信託銀行との連携】
・三井住友信託銀行と連携し、法人のお客様に対しグループ力を駆使したファイナンスソリューションの提案を行っています。三井住友信託銀行と協働で、お客様の抱える課題・問題を把握し解決策(ソリューション)をお客様に提案します。グループ内の金融ノウハウを融合することで、多様かつ高度な提案が可能になります。
・「不動産」は三井住友信託銀行の強みであり、協働したスキームを構築することで、業界内での差別化を図ることができます。

【パナソニックグループとの連携】
法人向け事業では、パナソニックグループの設備投資等に対する金融サービスの提供だけではなく、パナソニックグループ各社が商品を販売する法人のお客様に対しても金融サービス提供を行います。
個人向け事業では、「パナソニックショップ」が個人のお客様にパナソニック製品を販売する際に当社のクレジット・ファイナンス商品を提供しています。また、お客様が太陽光発電システムを導入する際やご自宅のリフォームをする際も「パナソニックショップ」とともに長期ローンの提案を行います。

【動産(モノ)の将来価値を計るノウハウ】
リースは動産(モノ)をリース会社が所有してリース物件としてお客様に一定期間賃貸するスキームですので、リース期間が終わればそのリース物件はリース会社に返却されます。当社は動産(モノ)の将来価値を計るノウハウを蓄積し、中古市場も熟知している業界有数の子会社を有しており、お客様に対し将来価値を見込んだソリューション提案が可能です。
当社は返却されたリース物件の将来価値を算定し、中古市場に再販することが出来るノウハウがあるからこそ、お客様の信頼に応えることができます。

【海外での取組み】
三井住友トラスト・グループでは、高成長が見込まれるアジア地域の事業拡大に向け、海外戦略を加速させています。三井住友トラスト・パナソニックファイナンスグループ(関連会社を含む)においても、三井住友トラスト・グループの一員として、グループの海外戦略に呼応しASEAN地域2カ国(シンガポール、ベトナム)で活動を行っています。
多くの日系企業が進出しているASEAN 諸国を中心に、お客様の幅広い金融ニーズにお応えし、お客様のグローバル展開をサポートしています。
今後も海外に関しては市場ニーズ等を考慮し、新たな拠点展開も検討しています。

設立 1951年10月

資本金 255億8,400万円

従業員数 951名(2020年4月1日現在)

売上高 2,557億4,300万円(2020年3月期)

代表者 取締役社長 西野 敏哉

事業所 東京・札幌・仙台・さいたま・名古屋・大阪・広島・福岡・シンガポール、他全国の拠点

所在地 東京都港区芝浦一丁目2番3号 シーバンスS館
三井住友トラスト不動産株式会社 事業内容
●不動産流通(売買仲介)業
不動産の売買・交換の仲介およびこれに付帯・関連するコンサルティング業務

信託銀行グループならではの、幅広い情報網とコンサルティング力を活かし、お客さまのたいせつな資産である不動産を、安心して託していただける質の高い仲介サービスを提供しています。

設立 1986年1月24日

資本金 3億円

従業員数 1080名(2020年4月1日現在)

売上高 202億円(2020年3月期実績)

代表者 取締役社長 有村 隆文

事業所
首都圏・近畿圏・名古屋地区・福岡地区・熊本地区・広島地区・岡山地区

所在地
本社:東京都千代田区神田錦町3-11-1 NMF竹橋ビル
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)