小川工業株式会社
オガワコウギョウ
2023
業種
自動車
輸送機器/商社(自動車・輸送機器)/家電・AV機器
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

私たちは、国内大手自動車メーカーの自動車に関するプラスチック部品を中心に製造する会社です。高度な技術でプラスチック成型を行い高品質な製品を提供。幅広い製品に対応できる生産能力は大手自動車メーカーからも頼りにされるほどです。また、プラスチックめっきへの取り組みは早期から行っており、高光輝化が求められる製品に対しても、微妙な色合いを出せると高評価をいただいています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

多種多様な車両向けに高精度な部品を一貫した生産体制で提供

当社では、国内自動車メーカーのプラスチック自動車部品を一貫した生産体制で製造。各車両のドアミラーやラジエーターグリル、サイドモール、フォグランプ、バックドアなどを提供しています。自動車1台に約3万点の部品が使用されていますが、当社の製品が占めるのはそのうち0.003%。しかし、クルマの印象を左右するラジエーターグリルやフードモールといったクルマの「顔」と言われる部分を作っており、その役割はとても重要です。多種多様な車種に対応しており、車種ごとの個性や魅力を技術で演出。特にプラスチックのめっき技術は業界に先駆けて取り組んでおり、車体との質感や色合いの調整など高まる要求にも的確にこたえています。

戦略・ビジョン

社員とともに成長する会社、地域に還元していける会社を目指す

町工場からスタートした当社が大切にしているのは、高品質な製品をお客さまに提供するために継続して改善を行うこと。時代が変化するに従い、自動車業界でも求められることは次々と変化しています。当社では、常に時代の流れを読み取りながら、さらなる技術の向上と進化を目指し、ニーズに誠実に向き合ってきました。今後はさらに環境へ負荷をかけることなく高品質な製品を生み出し、よりお客さまの満足度を高めていけるように研鑽していく予定です。そして、社員一人ひとりの人間力向上をサポートし、能力を発揮できる環境を整えながら、ともに成長し社会や地域に還元していける企業でありたいと考えています。

魅力的な人材

ひたむきにモノづくりに取り組む社員はみな「いい顔をしている」

車の「顔」となる部分や車の印象を決める部品を製造している当社では、最大の誉め言葉が「いい顔してるね」です。お客さまの要望を実現し、クルマの魅力を最大限に表現する部品を製造するさまざまな業務は、地味な作業も多いもの。作業の多くが機械で自動化されているとは言うものの、機械を操作する人による部分もたくさんあります。そのため、難しい作業もありますが、充実した研修や先輩社員が丁寧に指導する体制も整っており、みんなで技術を高めていける環境。先輩、後輩の垣根も低く、常に新たな課題に挑戦するという雰囲気も社員の成長につながっています。どの社員も、ひたむきにモノづくりに取り組み、とてもいい顔をして働いています。

会社データ

事業内容 輸送用機械および家電製品等のプラスチック成形・表面加工
設立 1969年
資本金 5000万円
従業員数 242名(2021年2月時点)
売上高 41億800万円(2018年3月実績)
代表取締役社長 栃谷 光慶
事業所 【本社】
愛知県名古屋市港区十一屋1-14

【工場】
・西工場
愛知県名古屋市港区十一屋1-48

・北工場
愛知県名古屋市港区善進本町410

・南工場
名古屋市南区豊一丁目31-11
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)