株式会社オティックスオティックス
業種 自動車
機械/設備・設備工事関連/非鉄金属/輸送機器
本社 愛知
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

第1技術室第1技術グループ
浅野洋仁
【出身】名城大学 大学院  理工学研究科 材料機能工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 自動車のエンジンに使われる部品の試作・評価を担当しています。
私たちの部署では、自動車メーカー様の要望に基づいて、自動車エンジン部品の開発や設計・評価を行っています。私が担当しているのは、量産前の開発部品なので、自動車メーカーの人たちと一緒に、開発途中で出てくる課題に対する対策を考えています。
例えば、2つの部品を1つにする時に「圧入」という技術を使うのですが、条件によっては表面で焼き付けを起こしてしまいます。そうならない条件を探るための、試作評価を行う毎日です。試行錯誤の繰り返しですが、グループのみんなと解決策を話し合って、うまくいった時には、大きな喜びを味わえます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
失敗続きだった試作評価で、満足のいく結果が得られた時の喜びは大きい!
現在の部署に配属となった時に、上に書いた仕事を先輩から引き継ぎました。最初は知識も経験も不足しているため、得られた結果に対して、次はどのような対策をしたらいいかがまったくわからない状態でした。
そこで、上司のアドバイスを受けながら、試作評価の図面を描いていくうちに、どの点が原因なのかが次第に浮かび上がってきたのです。また、次のステップとして、試作を終えて量産を想定した場合に、どのような問題があるか、そしてどのような評価をすればいいかを考える必要があります。そのためにも、常に新しい疑問を抱き、満足するためにはどうしたらようかを考えることの大切さを、現在ひしひしと感じています。
現在の私にとっては苦労することも多いですが、満足のいく結果を出せた時の喜びはひとしおです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き エンジン部品の設計で環境問題に貢献できると考えたことが入社の動機です。
小さい頃から自動車の模型を作るなど、自動車が大好き。だから、自動車業界で働きたいと考えていました。その中で、当社を選んだのはエンジン部品の設計や開発を通して、自動車産業の課題である環境問題に貢献できると考えたからです。
また、私が通っていた名城大学の出身者が多いという点も、当社を選んだ理由です。さらに、私の友人も当社で働いていて、就職活動をしている話をしたら、「いい会社だから、ぜひ受けてみたら」と言われたことも、当社を選ぶ気持ちを後押ししてくれました。
特に会社見学をしたとき、みんな楽しそうな雰囲気で仕事をしていたことが印象的でした。その印象は、入社後も変わっていません。同じ職場の人はもちろん、他の部署の人とも気軽に話ができて、とてもいい雰囲気です。
 
これまでのキャリア 製品開発

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

一番言いたいのは、「自分に自信を持って、面接を受けてください」ということです。
そして、あれもこれもと手を広げ過ぎず、自分が本当にやりたいことは何なのかを常に考えて、行動してください。周りで内定をもらえる人がいるとあせると思いますが、就職活動はゲームではありません。早く内定をもらうことよりも、自分が納得できる企業に入社することが目的なので、周りの人にながされないようにすることが大切です。

株式会社オティックスの先輩社員

自動車部品を開発する仕事です。

第2技術室第2技術グループ
山根真之
信州大学 繊維学部 機能機械学科

生産設備の熱処理を担当します。

第1生産技術部第11生技グループ
木内大介
静岡大学 工学部 機械工学科

自動車部品製造設備の制御設計を行います。

造機部設計課制御係
太田淳
愛知工業大学 工学部 電子工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる