社会福祉法人恩賜財団済生会熊本福祉センターサイセイカイクマモト
業種 福祉・介護
教育関連
本社 熊本

先輩社員にインタビュー

済生会ほほえみ(生活介護)
松岡 聖馬(23歳)
【出身】九州看護福祉大学  看護福祉学部 社会福祉学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 障がいのある方が主体的に生活を行えるよう支援する仕事。入浴、余暇支援等
この生活介護事業を利用している利用者さんの中に「先生」と呼んで来てくださる方がいます。私は支援員という職種なので先生とは異なるものですが、私たちは時に歯磨きの指導を実施したり、利用者さんの前に立って何かを教える場面もありますので、構造としてはそれに近いものがあります。
主に生活介護事業に従事する支援員は、「日常生活を主体的に行う為の支援を行うこと」が仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
利用者さんが次第に心を開いて下さり信頼関係が構築されていくのが分かる時
私たちの職業は、「知的な障がいのある方々がよりよい生活を送るために日常生活で行うことを支援する」ことが仕事です。そこでは食事・排泄・運動などの生理的活動もありますが、息抜きの時間を過ごす事を身に付ける「余暇支援」等も含まれます。その中で実際にどういう活動を行うかということを、利用者のニーズを聞きながら立案していきます。安全に行う事を考慮してより綿密で正確な計画が必要になりますが、実際に計画を実行し、利用者さんが楽しんでいる様子を見ると「大変だったけど喜んでくれて良かったな」と達成感を感じることが出来ました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 実習や事前の施設見学等で現場の支援者としてのモデルを見てイメージできた
私は以前、社会福祉系の大学に在学していました。そこで、カリキュラムの一環として現場実習で行わせていただいたのが、現在の私の職場である「済生会熊本福祉センター」でした。そういった観点では「社会福祉に従事する現場の支援者としてのモデルを実際に見せて頂きイメージがしやすかった」ということが一番の決め手になりました。
さらに、一口に社会福祉士と言っても多岐にわたりますが、支援員としての一番の強みは「実際に利用者さんと密接にかかわることが出来、利用者さんの実情を把握し支援に繋げやすい」ことであると考えます。その部分も決め手となりました。
 
これまでのキャリア 社会福祉系大学 卒業→支援員(2年目)

この仕事のポイント

職種系統 社会福祉士
仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 高齢者と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動や将来の自分のビジョンがどうあるべきか悩まれている方はいると思いますが、「人が好き」「密接に障がい当事者と関わりたい」という方は向いている職業だと思います。そうでない方も、実際に現場に入って支援や関わりを行なっていく中で、自然と好きになっていけることが魅力の一つであると思いますので、是非とも「自分らしさ」を持って頑張ってください!

社会福祉法人恩賜財団済生会熊本福祉センターの先輩社員

その人らしい「強み」を生かした働き方に繋がる就労支援を

済生会かがやき 就労移行支援事業所
高野 遥平
九州ルーテル学院大学 人文学部心理臨床学科

就労移行支援事業で職業指導員として働いています。

済生会かがやき 就労移行支援事業所
岡崎 元城
熊本学園大学 社会福祉学部・第一部社会福祉学科

仕事を通して喜びや生きがいを見出す。

済生会かがやき
吉田 文香
西南学院大学 人間科学部・社会福祉学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる