ヨシモトポール株式会社ヨシモトポール

ヨシモトポール株式会社

メーカー・インフラ・安全・景観・環境・企画・提案・設計・開発
業種 金属製品
建設/安全・セキュリティ産業/公社・官庁/設備・設備工事関連
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

技術部門(設計開発担当)
T・K(29歳)
【出身】法政大学  デザイン工学部システムデザイン学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 社会インフラに関わる様々な製品を作っています
信号柱や電柱。デザインされた特製の照明柱。高速道路のETCガントリーや公園の柵やベンチなど、社会のインフラに関わる製品で、鉄でできているものなら何でも作っているといっても過言ではないくらい、幅広い製品を手がけています。日本のどこにいっても自分の会社の手がけた製品があるというのは、凄いことだと思っています。
私たち設計の仕事は、製品の図面作成と強度計算書の作成がメインになりますが、ただパソコンの前で延々とデータを打ち込むだけの仕事ではありません。顧客との図面、計算書の打ち合わせや、工場とものづくりの打ち合わせをしたりと、様々な人とコミュニケーションを取りながら仕事を進めることも大切になっています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
手がかかる柱が多い。だからこそ完成した時の感動は格別です
コストやスピード優先のものもあれば、デザイナーが手がけ、溶接の仕上がりにまでこだわるデザイン柱もあります。また柱が立つ場所も平地だけとは限らないので様々なことを計算しなくてはなりませんし、公共の場に立つものですので、安全性は確実に守らなければなりません。このように様々な条件や制約の中で、いかにベストを尽くすのかが常に問われていることが、面白い部分でもあり、難しい部分ではないでしょうか。私が入社2年目で手掛けた防災照明柱は、形も特殊でわからないことだらけで苦労しました。自分で過去の類似事例を調べたり、先輩に手伝ったりしてもらいながら何とか進め、完成した柱に灯りがついた時は本当に感動しました。「無事に建ってくれて、ありがとう!」と思いましたね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 一度諦めかけた、ものづくりへの道に導いてくれた会社です
ずっとものづくりの仕事に関わりたくて、大学も関連の学部に入り、幅広く勉強を続けていました。ただ、就活では専門性の弱さが仇となり、苦戦続き。ヨシモトポールには営業として応募するつもりでした。ところが、面接してくれた方に「本当は設計の仕事をやりたいんじゃないの?」と見抜かれたことで、自分の本当の想いを再認識させてもらった経緯があります(その方はいまでも私の上司であり、目標になっています)。
面接の段階から一人一人を見てくれるのは、この会社の特徴だと思います。入社後も技術だけに特化せず、顧客との打ち合わせに同席することや、現場に立って仕上げの指示を行うことまで、色々な経験をさせてもらっています。より広い視野を持ち、課題に深くコミットするための力が身につく職場です。
 
これまでのキャリア 入社後は本社研修で会社のことや経理のことなどを全般的に学び、
工場研修で鋼管柱の製作工程や塗装、めっきからグループ会社のことまで色々と学び、
当時の設計部に仮配属後、本配属。

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

これまで積み上げてきたものも大事ですが、
これから何をやりたいのかという強い気持ちが大事だと思います。
色々と大変なこともあると思いますが楽しんで頑張ってください。

ヨシモトポール株式会社の先輩社員

お客様確認用の承認図・強度計算書などの作成を行っています!

技術部門(設計開発担当) 係長
S・O
岩手大学 工学部 応用化学科

公共事業の設計を行う建設コンサルタントに提案営業を行います!

技術部門(景観物件担当) 係長
T・K
国士舘大学 工学部 都市システム工学科

新製品開発のための強度試験や表面処理の物性確認試験を行っています!

技術部門(開発担当) 係長
Y・K
室蘭工業大学 工学部 材料物性工学科

会社の業務効率化を、ITを使って推進しています

ITソリューション部
M・S
実践女子大学 国文学科

私たちの生活にとって欠かせない【電力】を支えています

第一営業部
K・I
早稲田大学 法学部

新技術開発や、性能アップのための研究に取り組んでいます

技術部門(開発担当)
Y・T
室蘭工業大学大学院 材料物性工学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる