株式会社システムアンドデータリサーチ
システムアンドデータリサーチ
2023
業種
精密機器
情報処理/建設コンサルタント/コンサルタント・専門コンサルタント/シンクタンク
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

私たちは、早期地震警報システム/地震計の開発・製造・販売や、微動計測による耐震診断サービスを提供する地震防災コンサルタント会社です。地震防災に関する確実な技術と広範な知見を有し、多方面のお客さまに製品やサービスをご利用いただいています。国際的な活動も展開し、人々の安全・安心に貢献できる、意義の大きな仕事ができます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

民間企業ならではの創意工夫で、地震防災を通じて社会に貢献

日本では毎年のようにM7クラスの地震が発生しています。地震警報については地域性が高いこともあり、民間の創意工夫が重要です。私たちシステムアンドデータリサーチは、鉄道に対する地震防災の研究開発や受託業務の支援を目的として設立された会社です。民間企業として防災システムづくりに携わり、これからも自由な発想で、地震防災に貢献していきます。

技術力・開発力

震源が近い地域でも有効性を発揮するP波警報システムのメーカー

当社は、鉄道にも採用されているP波警報システムのメーカーです。リアルタイム地震防災システムや耐震診断、実験・デー夕解析、地盤・構造物の振動計測などを主に行っています。当社の地震警報システムが「緊急地震速報」と異なる点は、直下地震などの震源が近い地域でも有効性を発揮する点です。当社独自の手法に基づいて警報を発令します。耐震診断サービスでは、非破壊検査を活用し、日本だけでなく世界中の世界遺産などで実施した実績があります。地震時の迅速な警報・情報収集、地震後の事業継続(BCP)を実現する当社の地震警報システム/耐震診断サービスは、地震国・日本だからこそ実現できた、インフラとなる商品・サービスです。

施設・職場環境

地震防災やそのシステム開発について学ぶことができます

機器の開発や販売、受託測定以外にも、当社はいろいろな活動を行っています。当社HPの「調査研究活動」では、これまで発生した地震の解析結果などを掲載しています。そのほか、独自の研究・調査活動や論文執筆、情報発信などを通じて、日本の防災システムの発展・向上に貢献します。社内には地震学や工学の学識を持つメンバーが在籍し、お客さまの目的達成のために技術やスキルを磨いています。専門性が高いため最初のうちは学ぶことが多いかもしれませんが、技術の背景にある理論からお教えしますので、作業をしていくうちに、おのずと理解が深まっていくはずです。

会社データ

事業内容 早期地震警報システム/地震計の開発・製造・販売
常時微動を用いた耐震診断
地震防災コンサルタント
設立 1991年3月
資本金 1000万円
従業員数 9名(2021年4月時点)
売上高 20,000万円(2020年9月時点)
代表者 代表取締役 中村 豊
事業所 【本社】
東京都国立市富士見台3-25-3 SDRビル
沿革 1991年 (財)鉄道総合技術研究所ユレダス推進部の研究開発および受託業務の支援を目的として設立
1997年 現社屋(東京都国立市)に本社移転し、完全に独立した事業体・研究機関として活動開始
1998年 東海道新幹線のユレダスの設備更新を受注、早期警報地震計Compact UrEDAS(コンパクトユレダス) 開発
2004年 小型デジタル振動計AcCo-100(アッコ) 発売
2005年 早期地震警報システムFREQL(フレックル) 発売
2008年 早期地震検知警報装置FREQL Light(一体型) 発売
2015年 無線通信機 ぶるぶる 発売
2019年 早期地震検知警報装置 FREQL-LU 発売、小型デジタル地震計 AcCo-Q 発売
ホームページ https://www.sdr.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)